バングラの爆破事件とNGOのスタディツアー | 国際協力・NGO情報ブログ:別館

国際協力・NGO情報ブログ:別館

国際協力やNGOについて興味のある分野の情報をまとめています。


テーマ:

bangla050820.jpg 昨日夜に新聞を手に読んでいると、バングラデシュ で連続爆発が起きたという記事が載っていた(毎日新聞 )。 午前10時半頃から1時間の間に数百個の爆発物が連続して爆破して死傷者が多数出たということだった。17日の午前中に起きた事件にもかかわらず知ったの は翌日の夜。もちろん新聞を手にしてすぐ見ればもっと早かったのだけれど、その間に見たインターネットのニュース配信でもこの事件に気付かなかった。爆発 の数はさておき、その規模からいってももっと大きな話題になってもいいだろうに、1日半以上、僕は知らなかったわけだ。もしこれが先進国で起きていたら、 かなりの大きな話題になっていただろう。日本の"劇場型政治"も吹っ飛ぶくらいに。しかし、報道こそはされても小さな扱いに過ぎないのが現実だ(実際、邦 人の安否に関わる情報すら扱いが小さいのはどうしてだろうか?ー在バングラデシュ日本大使館 によると今年2月現在の在留法は約440人)。

 驚いたのはその数的な規模はもちろんだが、ちょうどまさにバングラには僕の働いているネットワークNGO に所属しているNGOがスタディツアー(スタツア)に行っている最中だからだということもある。すぐに外務省のウェブサイトに行ってみると、バングラ全土64県中63県、約300箇所で爆破が起こったという(外務省「渡航情報(スポット)『バングラデシュ』 」)。 今日、事務所に行ってスケジュールを見てみると、どうもちょうどダッカに戻る直前の日程だったようで、首相府前や最高裁判所、鉄道、バス・ターミナル、米 国大使館などで爆破事件が起こり、また18日からダッカを中心に反政府集会が大々的に開催されるという話もあり、心配だ。

 スタツアは………[→続きはこちらからご覧になれます。 ]

ngoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス