レゲエと貧困 | 国際協力・NGO情報ブログ:別館

国際協力・NGO情報ブログ:別館

国際協力やNGOについて興味のある分野の情報をまとめています。


テーマ:
ジャマイカ 今年の下半期がスタートしてすでにひと月が経ってしまったけれど、この半年の僕のNGO的な対象はカンボジアとジャマイカ、そしてアフリカになりそう。カンボジアは昨年度末に引き続き、今年度もまた調査に行く予定にしているためで、こちらは純粋に「NGOに関する研究」というのが主題なのだけれど、ジャマイカとアフリカはNGOの活動という意味で焦点を当てることになりそう。

 今日は、そのひとつジャマイカに焦点あてた映画『ジャマイカ 楽園の真実』の上映会を来月末行うことになって、その第1回目のミーティングがあった。ジャマイカといえばレゲエ、レゲエといえば夏!という感じで、福岡周辺でもレゲエなどのフェスがいくつか開かれているけれど、その陽気なリズムやジャマイカのあるカリブ海の美しい真っ青な海、ラム酒にブルーマウンテンなんかもあるよな・・・なんてイメージとはかけ離れた現実がある。

 人口、面積ともに新潟県とほぼ同じジャマイカは、1962年にカリブ海の英領植民地で最初に独立した。観光と海外在住者からの送金、またボーキサイト哉農作物の輸出程度の限られた外貨獲得手段しかなく、ほどなく国際通貨基金(IMF)のお世話になることになる。IMFが融資をすることと引き替えに求めたのは、『構造調整プログラム(SAPs)』と言われるもので経済の自由化(もちろん民営化も含まれる)を推進するためのさまざまな具体的な計画を作り、実行することを条件にした。その結果は悲惨なものだった。


→続きはこちらでご覧になれます。

ngoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス