京都府警は11日、伏見署が99~06年に扱った窃盗事件36件の証拠品や捜査書類599点を紛失したと発表した。同日付で当時の担当者だった捜査3課と木津署の警部補各1人を減給1カ月(100分の10)、向日町署の警部補を戒告の懲戒処分とし、上司ら4人を訓戒や注意とした。

 府警監察官室によると、3人は当時伏見署の刑事課に在籍。自動車盗や空き巣などの証拠品である免許証や現金計約2万円のほか、被害届などを管理簿に記入しないまま個人ロッカー内に放置するなどし、紛失した。【古屋敷尚子】

【関連ニュース】
名古屋ひき逃げ:自動車盗容疑で再逮捕 ブラジル人の4人
掘り出しニュース:ご注意!「カラカラ」 タイヤの異音点検中、車盗難が9件
窃盗:車盗み部品ネット転売、容疑の9人逮捕 234件、4億円被害
窃盗:ご注意!「カラカラ」 タイヤの異音点検中、車盗難が9件--大阪市内
名古屋・熱田のひき逃げ:ロシェ被告ら4人、自動車盗容疑で再逮捕

<警視庁>異例の捜査1課長を解任 女性トラブルで(毎日新聞)
執行部交代考えず=谷垣自民総裁(時事通信)
「フワリ」感触、沈む地面…大阪城公園の陥没穴、目撃者が証言(産経新聞)
皇太子さま、ガーナで英世の志継ぐ日本人激励(読売新聞)
漫画などの児童ポルノ規制 都、条例改正案を説明(産経新聞)