愛ってなんだ 1

テーマ:
昨日「今まで自分が無条件に愛され続けていたことが解った」みたいなブログを書いて
しかしその一方、意味不明だよね、と思っている自分もいる

「私たちは誰もが皆無条件で愛されているし例外はない」

とか言って、根拠もないし裏付けもなく
あるのはただ私の「解った」という感覚でしかなく

さらには、自分のことだけならまだしも
「誰もが皆」とか言っちゃって、なんでそんなのアンタに解るんだ、って言われても

やっぱり解るとしか言いようがなく
曖昧で何の検証もできない

あるのはただ私の体感と確信だけ

肚の底から沸き起こるような思いや
ぐっと込み上げてきて涙が出てくるような
震える思い

でも

こんな自分の確かな反応以上に
必要なものって何があると言うのだろう?


そもそも

愛、という言葉を使うことすら

うっすらインチキくさいと、多くの人は思うだろうと思っている

宗教っぽいとか

私も昔はそう思ってた

そもそも、昔の私にとっては

愛=恋愛というイメージが一番大きくて
まぁ家族愛とか、友愛とか、わかるけど

でも愛、と言えば、パートナーと育むもののイメージだった

愛されている状態は、パートナーに思われているということで
パートナーに思われてる状態とは、たとえば

自分が必要な時に会いに来てくれる
自分の欲しい言葉を投げかけてくれる
自分が思うような行動や好意で私を喜ばせる

わかりやすく好意を示してくれる

つまりは、自分の都合よく動いてくれる相手がいる

それが愛し愛されている状態だと思っていた

ははは、はははは

今なら笑いも乾く

でもこんなことを心底、疑わなかった時代もあった

というかそれしか、知らなかったんだよ

とてもとても表面的で浅いこと

それが全てのように錯覚していたんだよ

それこそが愛だって


自分のことを、もっと深く知りたくなって
というか、自分の中でのある意味、限界が来て、自分を見ていくしかなくなって

そこで出会った「アダルトチルドレン」という言葉

子供時代にどんな環境で何を感じて成長してきたか
そんなことが今の自分に影響していると知って

さまざまな本を読んだりする中で

そこにあった設問に、私の心は動きを止めた

「この中で、あなたがよく知っていると感じるものを挙げてください」
こんな文章の後に、いくつかの単語が並んでいたのだけれど

その筆頭にあった言葉は

「愛」

そして、それを見て思った

「解らない」

私は、愛が、解らない

そのとき初めて私は

自分に都合のいいものを与えてくれるようなパートナーとの関係=愛、ではないと気づいた

私は愛が解らなかった







オラクルカードリーディング
ライブやってます



Facebookページ「225rainbow」
https://www.facebook.com/225rainbow/

自分の心の声を聞くこと、体の声を聞くこと
もっと言ったらきっと、魂の声を聞くこと

内からも外からも、自分の声を聞くことのできる、自分になる

そのサポートとなる各種ワークを行っています


*最高に自分を楽しむ、魂のファッション選び
パーソナルファッションワーク

https://ameblo.jp/ng84ay/entry-12077139520.html


*深いリラックスで心も体も整え自分に着地する
瞑想ヨガ

https://ameblo.jp/ng84ay/theme-10099643173.html


*あなたの今・これからを整理し、メッセージを送る
オラクルカードリーディング
個人セッション

https://ameblo.jp/ng84ay/theme-10103087317.html



パーソナルプロデューサー長橋亜矢

お問い合わせメールアドレス
siddhi_mata*yahoo.co.jp *を@にして送信