叱られて…~父との思い出~ | 中西ふじよオフィシャルブログ

中西ふじよオフィシャルブログ

~ 心・技・体で未来につながる架け橋 ~


テーマ:
小学3~4年の頃、父が理不尽なことで、私を叱った

叱られてる意味がわからず「どうして叱られるのかわかりません」と言い返す私

その瞬間、目の前に星がたくさん散った

ビンタが飛んできた
「反省しろ」
「反省することなんて何もしてない」

父のご機嫌が悪くイライラしていた父

母、姉は大人しくしていたのに私はそんな父が許せず口答え

逆鱗に触れたのだろう

「出ていけ!!」と

荷物をまとめて出ていく私

追いかけてくる母

その日から数日、父とは言葉を交わさなかった

母が「お父さんが《あいつには参った。こっちの感情で怒鳴っちゃあダメだな》って言ってたよ」って…

それを聞いてから何となく私の中で雪解け

「お父さん…」って話しかける事ができるようになった

でも、その日から感情でイライラして叱ることはなくなった

大好きな父である