訪問医療 | 中西ふじよオフィシャルブログ

中西ふじよオフィシャルブログ

~ 心・技・体で未来につながる架け橋 ~


テーマ:
午後からは、訪問医療についてのミーティングのため、名古屋まで…

テレビ塔付近で待ち合わせ。

ハンディキャップをもっているお子さんは、病院の待合室がとっても苦手な子が多いです。

「往診してくれたら…」とお母様達から、何度もお聞きしました。

本人が待合室で泣いたり跳び跳ねたり…お母さんは大変

もちろん、本人が一番大変。

他の方も体調を崩されての来院なので、思いやる余裕もゆとりもないのだと思います。

「何度白い目で見られた事か…」って怒りにも似た感情をぶつけられる方もいらっしゃいましたが、多くの方は「申し訳なくて…」と。

熱があっても、お腹が痛くても、自分の言葉でなかなか伝えられないエンジェルもいます。

その分、ご家族の見守りと気付きが必要になります。

小さい子どものうちだけではなく、大人になっても同じ状況の方も…。

お年を重ねて、お子さんを病院に連れていくこともままならない年齢になられている方もいらっしゃいます。

訪問医療

往診

家に行き、聴診器をあてるだけでなく、そこで治療ができる

そんな環境になったらどれだけの人が救われるか…。

今、その実現に向けて動き始めています。

形になるかならないか…

まだ、見えてきませんが、真正面から向き合っていきたいと思います。

中西 ふじよさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス