タイのトロピカルフルーツを見に行こう | nezumiippiki

nezumiippiki

アジア再発見Blog


テーマ:
南国に行けば誰だってトロピカルフルーツを食べまくります。
日本じゃなかなか食べれないしね。
でも、皆が見るのはホテルのレストランで出される既に切られて盛り付けされたものか、市場で売られているもがれているもの。
そのフルーツ自体、どのように生えているか、どんなふうに実が付くのかは殆どの人は知らない。

でも、ちょっと田舎を歩いて注意して見ると、あるいは、農家の庭や菜園や果樹園を覗いてみると結構そのトロピカルフルーツが生えているのが見られます。
それは北の国の僕らにはとても興味津々、且つ驚きでもあります。

これは両手で持つほどの大きさのドラゴンフルーツの花と、左手に見える赤いのがソフトボール大の実。


ランサーはホテルのレストランではあまり出てきませんが、市場などではよく見かけます。
木の枝からブドウの房のようになっているのですね。


これはお馴染みランブータン、赤い実が花をいっぱいつけたように見えます。
赤いいがぐりがいっぱい、みたいです。


これがマンゴスチン、果物の女王といわれていますが、意外と地味な実の付け方をしています。これを写した時はまだ時期ではなかったのでまだ色が付いていません。収穫時期には色鮮やかな赤紫色になります。
 

誰でも知っているバナナの花ですが、珍しいことに双子だったのでお見せします。
 

僕はあまり好きじゃないジャックフルーツの実。
太い幹から一抱えもする大きさの実が直接生えてくるのが不気味です。


果物の王様ドリアンです。
太い枝の部分から直接生えてきます。考えてみればこの大きさ重さですから、枝先では支えきれませんね。それにしても、こんなにたわわに実が付くんですね。
タイ南部のドリアンは美味いです。女房を質屋に入れても食いたい、というのは分かる気がするなー。但し、高濃度のアルコール飲料とは一緒に食さないこと。時々本当に死ぬ人がいます。密閉した建物の中には持ち込まないこと。とんでもない騒ぎになります。


皆さんもタイへ行ったら、田舎道へ入って行きましょう。
楽しい発見がたくさんあります。







 

nezumiippikiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ