答えはお客様が持っています | 飲食店の頼れる税理士池頭の繁盛日記

飲食店の頼れる税理士池頭の繁盛日記

ブログの説明を入力します。


テーマ:

税理士の池頭です


繁盛するためには「特徴あるメニューと接客」が重要である話をしています。


だけどなかなか特徴を出すことは難しいですよね。


では「特徴を出す」とはどういうことでしょうか?


それは「他店と違うメニューと接客を!」ということではないでしょうか?


簡単に言うと「差別化」です。


もし近隣飲食店と同じようなメニューや接客では差別化は図れません。


そうなるとお客様は他店とあなたのお店をどちらを選ぶかの選択基準が「価格」になってきてしまいます。


つまり「より安い方へ」


これでは大手資本の飲食チェーンには太刀打ちできませんよね。


そういった意味でも「他店と違うメニューと接客」が重要になるわけです。


ただ、闇雲に「他店と違うメニューと接客」を目指せばいいというものではありません。


たとえて言うならば自動車。


「動く」「曲がる」「止まる」という基本が損なわれていてはいけません。


この基本のうえに「乗り心地」「機能性」「スピード」・・・などに差別化を図っています。


飲食店も同じです。


ベースとなる味や接客の基本は損なわれてはいけません。


その上での差別化が必要です。


ではどのように差別化を図ればいいでしょう。


まずは自分の「強み」を知ることです。


自分の店は何が強いのか?を考えてみてください。


そんなの無いよ・・・あせる


そうおっしゃる方が良くいらっしゃいますが、果たしてそうですか?


自分の良さに気付いていないという方は意外と多いものです。


そう言われても・・・あせるという方。


ひとつお伺いします。


あなたのお店には常連さんは一人もいませんか?


もっと言うと一人のお客様の来店もありませんか?


そんなことはないと思います。


何かの選択によってあなたのお店に訪れているはずです。


それを「強み」と思ってはいかがですか?


差別化を図るために何か新しいメニューや接客方法を考える方が多いです。


確かにそれも一つの方法でしょう。


でも今あるものの中から「強み」を探して「差別化」に育てていってはいかがでしょう?


そのためにも是非お客様に聞いてみてください。


来店理由をビックリマーク


まず繁盛への第一歩はそこからではないでしょうか!!


答えはお客様が持っています。


ペタしてね


読者登録してね




飲食店の頼れる税理士池頭の繁盛日記さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス