エンブリオ―それは受精後八週までの胎児。天才産婦人科医・岸川は、人為的に流産させたエンブリオを培養し臓器移植をするという、異常な「医療行為」に手を染めていた。優しい院長として患者に慕われる裏で、彼は法の盲点をつき、倫理を無視した試みを重ねる。彼が次に挑むのは、男性の妊娠実験…。神の領域に踏み込んだ先端医療はどこへ向かうのか。生命の尊厳を揺るがす衝撃の問題作。


一言書評はこちら。

http://chishim.com/books/523.html


エンブリオ (上) (集英社文庫)/集英社

¥562
Amazon.co.jp

エンブリオ (下) (集英社文庫)/集英社

¥583
Amazon.co.jp

エンブリオ/集英社

¥2,052
Amazon.co.jp