ホテル・コルテシア大阪で働く山岸尚美は、ある客たちの仮面に気づく。一方、東京で発生した殺人事件の捜査に当たる新田浩介は、一人の男に目をつけた。事件の夜、男は大阪にいたと主張するが、なぜかホテル名を言わない。殺人の疑いをかけられてでも守りたい秘密とは何なのか。お客様の仮面を守り抜くのが彼女の仕事なら、犯人の仮面を暴くのが彼の職務。二人が出会う前の、それぞれの物語。



タイトルからもわかるように、新シリーズ「マスカレード・ホテル」の前日譚となる物語です。

マスカレード・ホテルは、以前ブログにも書きましたが、刑事・新田と有能なホテルクラーク・山岸尚美のコンビがコルテシア東京というホテルを舞台に、様々なお客様と相対し、問題を解決していくエンターテインメント要素の強い、ミステリ小説です。本作では、マスカレード・ホテルの中で二人が出会う前のお話が描かれます。


”伏線は、ここにある”


という帯がつけられていますが、まぁ確かにこちらの作品が先に発売されていたらそういうことになったのかもしれませんが、読む限り後付感がハンパないです。


本作の舞台は、コルテシア東京ではなく、コルテシア大阪。新装開店し、応援部隊として山岸が東京から大阪に呼ばれることになります。大阪でもフロントを担当する山岸は、前作同様、多彩なお客様たちに翻弄されつつも、危なげなく急場に対応していく有能なフロントクラークとして描かれます。

一方で、刑事・新田は女性警察官とコンビを組まされ、ため息をつきながらの殺人事件の捜査。被疑者に事情聴取を行っていたところ、どうしても犯行当日の居場所を吐こうとしなかったのですが、ついに”コルテシア大阪”にいたことを認めさせます。二人の視点から描かれ、次第に一つの物語がつむぎ上げられていく様は、古典的ではありますが充分に読み応えがあるでしょう。


氏が公式ホームページでも述べているとおり、本作のテーマは”プロフェッショナリズム”。ホテルに勤めるものとしての矜持や意識を前面に押し出して物語に絡めてきたのは、前作から変わっていません。ホテルの裏側を覗くことができるという点においては、非常に興味深いところではありますが、若干くどくもあります。また、近年ホテル従業員やアルバイトが著名人の宿泊や個人情報を漏洩し、またはTwitterにつぶやくなどのしょうもない事件が多発していたことへの問題提起・批判でもあるのでしょうか。若干、社会派に偏ってしまったきらいがあり、ミステリとしての完成度はそれほどでもないような印象を受けました。えらそうに言って申し訳ありませんが。


刑事・新田とホテルクラーク・山岸のキャラクターはとても魅力的です。ライトノベルのように、読み手が主人公である彼らの活躍を楽しむことができれば、前作および本作はシリーズとして成功を収めたといえるかもしれません。

というところで、ミステリ好きには物足りない作品です。


オススメ度 ☆☆



マスカレード・イブ (集英社文庫 ひ 15-11)/集英社
¥648
Amazon.co.jp