スーパーの保安責任者・平田は万引き犯の末永ますみを捕まえた。いつもは容赦なく警察に突き出すのだが、ますみの免許証を見て気が変わった。昭和60年生まれ。それは平谷とって特別な意味があった――。偶然の出会いは神の導きか、悪魔の罠か?動き始めた運命の歯車が2人を究極の結末へと導く。



歌野氏の文庫が刊行されています。

ひどく哀しい物語です。謎を解く、という意味ではミステリというジャンルに分類されるのかもしれません。解説の榎本氏は、「ミステリとは、トリックの奇抜さや、謎解きの秀逸さ、結末の意外性だけで評価されるべきものではない。人の心の不可解さ、人間存在の不思議さと神秘さの追及こそが最大のミステリを規定するものであろう。その意味において本書は、最大最高のミステリといえるのである。」と述べています。


本作は、スーパーの警備を任されている中年男性・平田が主人公の物語です。あるとき、スーパーで万引きを働いた若い女・ますみを捕まえるところから物語は始まります。尋問中に、ますみの生年が昭和60年であることを知り、ますみを解放してしまいます。そこから、運命の歯車は回り始めました。


平田は、ますみに対して最初は邪険に扱うものの、そのうちに”昭和60年生まれ”という特性によって、徐々に情が移り始めます。ますみは、なぜ自分に良くしてくれるのか、疑問は深まるばかり。平田のますみへの献身は続きます。


なぜ、平田はますみに情けをかけるのか。


ますみは、どうやって平田にその恩を返そうとしたのか。


その結果、生まれてしまった悲劇とは。


なんだか中途半端な紹介に終わってしまっていますが、全てを説明しないと理解できないし、全てを説明してしまうと、本を読む楽しみを奪ってしまいます。このあたりでとどめておきますが、中盤からクライマックスに向けて、二転三転する真実をミステリタッチで見事に書き上げています。

 解説にあるように、トリックや謎解きに終わらない、人間の心に関する謎を解き明かす、そんなテーマの物語です。陰鬱な終わり方なので、苦手な人は好きになれないかもしれませんが、とても興味深い一冊でした。


オススメ度 ☆☆☆



春から夏、やがて冬 (文春文庫)/文藝春秋
¥562
Amazon.co.jp