13時13分13秒、街から人が消えた。無人の東京に残されたのは境遇も年齢も異なる13人の男女。なぜ彼らが選ばれたのか。大雨と地震に襲われる瓦礫の山と化した街。そして生き抜こうとする人達の共通項が見えてくる。世界が変われば善悪も変わる。殺人すらも善となる。極限状態で見えてくる人間の心理とは。


東野氏のあたらしい文庫が刊行されています。

あらすじからも分かるかもしれませんが、本作はSFチックな導入から始まる物語です。
13時13分13秒に”ある現象”が起こる、ということが世界の科学者たちの間で実証されたところからストーリーは始まります。
各国の首脳陣は、そのレポートにしたがって、その時間は危険な行動はとらないように、と指示を出しますが、首脳陣もその理由や内容が理解できていないため、曖昧な指示になってしまいました。

きたる13時13分13秒。
地球から生物が消えた・・・?

主人公、久我冬樹は警察官。犯人確保の途中で意識が暗転し、周囲にいたはずの人たちが全て消えてしまいました。呼びかけに応じたのは13名。
電気もガスも水道も止まってしまい、地震が断続的に続く東京で、13人のサバイバル生活が始まることになります。

切り離された世界、とくれば殺人でも起こるのかと思っていましたが、本作は純粋なSFファンタジー。苦労もあるけど、がんばって元の世界にへ戻ろうね、というやつです。設定はラノベみたいな感じですけど、氏が書くとそこそこリアルに感じられるのが不思議です。

今回もキャラクターたちが魅力的なので、話がいまいちでもやり取りや行動が面白くて、あとを追ってしまいます。エンターテインメントとしては良くできたお話だと思いましたけど、この設定ならラノベのほうが面白いかも。けして、面白くないわけではありませんが、本格的なSFを読みたいなら他の本を読んだほうがいいです。たぶん。

オススメ度 ☆☆☆



パラドックス13 (講談社文庫 ひ 17-32)/講談社

¥896
Amazon.co.jp