真面目なだけがとりえの会社員・倉田太一は、ある夏の日、駅のホームで割り込み男を注意した。すると、その日から倉田家に対する嫌がらせが相次ぐようになる。花壇は踏み荒らされ、郵便ポストには瀕死のネコが投げ込まれた。

さらに、車は傷つけられ、部屋からは盗聴器まで見つかった。執拗に続く攻撃から穏やかな日常を取り戻すべく、一家はストーカーとの対決を決意する。一方、出向先のナカノ電子部品でも、倉田は営業部長に不正の疑惑を抱いたことから窮地へと追い込まれていく。


さて、続いて池井戸氏の銀行ミステリ長編の紹介です。本作は、平凡中の平凡銀行員・倉田太一の日常系物語。本作は、倉田を二つの側面からザッピング視ながら進んでいきます。ひとつは、メガバンクから中堅電子部品企業へ出向し、総務部長を務めるいつもの池井戸氏の得意とする、金融を舞台とする物語。もうひとつは、大学生の息子、娘、そして妻の待つ我が家へ迫るストーカーと対決する物語。


会社での倉田はうだつのあがらない、という言葉がぴったりの総務部長。不正の痕跡を発見し、営業部長へ申し入れにいくが、社長の後ろ盾と信頼を得て、口もうまい営業部長にいつもこき下ろされ、苦々しい思いをしつつ、出向先に溶け込もうと頑張る会社員です。

こちらの倉田は、銀行での人脈を使い、徐々に営業部長の不正を暴いていく、金融ミステリの本道。


会社からの帰りに、電車の中でマナー違反をした男に注意をしただけで、逆恨みされ、ストーカーの憂き目にあうのがもう一つの物語。監視カメラをつけたり、仕掛けられた盗聴器を使ってストーカーを罠にハメたりと、エンターテインメント性豊かな、家族の物語。また、家族の仲が良いところも読んでいて楽しくなってきます。


どちらの話もミステリ的な謎と、エンターテインメント性がありますし、金融金融というオカタイ話ばかりではなく、我が家の話へ切り替えられることで、小休憩といいますか、頭を休めながら読めるので、すいすいページを進めることができます。これまでに読んできた氏の作品は、徹頭徹尾シリアスなお話で油断ならないところがありましたが、本作はある程度力を抜いて読めたところが、印象良しです。

他の作品に比べても、随分読みやすい作品になっています。



オススメ度 ☆☆☆☆




ようこそ、わが家へ (小学館文庫)/小学館
¥730
Amazon.co.jp