三幕の殺意:中町 信

テーマ:

昭和四十年十二月初旬。名峰、燧ケ岳が目の前にそびえる尾瀬沼の湖畔に建つ、朝日小屋。その冬はじめての雪が降り積もる夜、離れに住む日田原聖太が頭を殴打され、殺された。山小屋には被害者殺意を抱く複数の男女が宿泊していた。容疑者の一人でもある、刑事の津村武彦を中心に、お互いのアリバイを検証してゆくが・・・。叙述トリックの名手として独自の世界を築いた著者の遺作。



叙述トリックの名手、中町信氏の遺作となったミステリ作品です。名曲の舞台となる尾瀬。尾瀬の湖畔の小屋で殺人が起きてしまいます。物語の導入部では、被害者である日田原に対して、殺意に変わるほどの恨みをもつ、6人の事情がプロローグといった形で語られます。


弱みをもつ芸能人、恨みをもつ刑事、貸したお金の請求に来た作家の卵など、湖畔の小屋に到着したメンバーにはいろんな事情を持つ人間たちが。日田原のいやーないやーな嫌味にも耐え、一日が終わり、朝ごはんにかかろうとしたところでお手伝いのとよさんが、日田原の死をあわてて伝えにくるところから、物語が展開を見せ始めます。探偵役は、刑事の津村。ワトソン役に、作家志望の神埼。ご他聞にもれず、雪道が崩れて警察が到着するには、二三日を要するという事情もあり、典型的なクローズドサークルミステリの世界へ入り込むことになります。

動機についてはある意味全員にあるので(登場人物たちはお互いに知りえませんが)、アリバイ確認とアリバイトリックが本作のもっとも重要な部分になります。

叙述叙述という先入観があったので、とっても注意して読んでいましたが、今回は叙述の作品ではなかったのですね。ただ、最後に三行に潜む衝撃にはやられた!という感が否めません。さすがです。



オススメ度 ☆☆☆



三幕の殺意 (創元推理文庫)/東京創元社
¥756
Amazon.co.jp

三幕の殺意 (創元クライム・クラブ)/東京創元社
¥1,890
Amazon.co.jp