神去なあなあ日常

テーマ:

三浦しをん「神去(かむさり)なあなあ日常」です。

徳間文庫から。


神去なあなあ日常 (徳間文庫)/徳間書店
¥650
Amazon.co.jp


【裏表紙から】


平野勇気18歳。高校を出たらフリーターで食っていこうと


思っていた。でも、なぜだか三重県の林業の現場に放り込まれ


てしまい―――


携帯も通じない山奥!ダニやヒルの襲来!


勇気は無事、一人前になれるのか・・・?


四季の美しい神去村で、勇気と個性的な村人たちが繰り広げる


騒動記!



【ひとこと】


三浦しをんの林業エンタテインメント小説です。

都会育ちの主人公である勇気が、担任の先生の厚意で

三重の山奥で、林業に従事するようになり、そこでの

村の人たちとの交流を描いた、心温まる感じの物語です。


神去村の住人はおっとりとした人ばかりで、「なあなあ」

を口癖としていて、なんだかおかしいです。


よそものにはやや排他的な人がいたり

山奥独特の虫や動物害であったり

もちろん林業という仕事についてであったり

山の神を鎮めるための命がけの祭であったり

触れたことのないジャンル、情景でとても新鮮です。


半ばずっと村に住み着いてやろうと思う主人公の気持ちも

伝わってくるようでした。

読後感もすっきり。



オススメ度 ☆☆☆☆