“魔王”オーフェンの活躍により、キエサルヒマ大陸からの刺客は退けられた。しかし、ラポワント市の被った損害は大きく、魔術士たちは社会からの糾弾を受ける。

一方、マジクは大陸の果てで、宿敵であるヴァンパイアと対峙していた。二人の交渉が決裂し、“死の教主”が宣戦布告をすると同時、大陸上空を巨大な黒い“結界”が貫く。“結界”の中心となったのは、ローグタウンのフィンランディ邸だった。

完全に外界と隔絶され、取り残されたマヨールとラチェットは脱出の道を模索する。“戦術騎士団”、“リベレーター”、“キエサルヒマ魔術士同盟”、“アーバンラマの三魔女”、そして、“魔王スウェーデンボリー”。

複雑に絡み合う状況の中、神託を下されるオーフェンの行方は?分かたれた世界で、それぞれの選択が試される。流転の物語。



一言感想はこちらです。

http://chishim.com/books/494.html



魔術士オーフェンはぐれ旅 鋏の託宣【通常版】/ティー・オーエンタテインメント

¥1,620
Amazon.co.jp

魔術士オーフェンはぐれ旅 鋏の託宣【初回限定版】/ティー・オーエンタテインメント

¥4,104
Amazon.co.jp

AD