恋ヶ窪の住宅街に建つ屋敷の寝室で、老人の死体が発見される。枕元にあったのは、ペットボトルと湯呑み。死の直前には、飼い猫が行方不明になっていた。ペットロスによる自殺なのか、他殺なのか――事件は迷宮入りしていく。

宝生邸に眠る秘宝が怪盗に狙われる、体中から装飾品を奪われた女性の変死体が見つかるなど、相次ぐ難事件に麗子はピンチ。そしてついに麗子と執事の影山、風祭警部の関係にも変化が訪れて・・・!?

令嬢刑事と毒舌執事コンビの国民的ユーモアミステリ第三弾。
文庫版特典として『名探偵コナン』とのコラボ短編小説『探偵たちの饗宴』収録。



一言書評は別サイトへ移転しました。
http://chishim.com/books/239.html


謎解きはディナーのあとで 3 (小学館文庫)/小学館

¥734
Amazon.co.jp

AD
君は堕落したいかい?自分の意志なんて面倒なものを投げ捨てて、だらしない世俗に流されて安易な満足に耽りたいかな?先に待つのは愚鈍さだと感じつつも、ずぶずぶと暗い情熱に溶け込んでしまいたい?その湿った衝動こそデカダント・ブラック。そいつが危険か、このぼくブギーポップにも今ひとつ掴みきれなくて―二人のストーカーがお互いの監視対象を交換し、より陰に潜むと選択したことが奇妙な運命を呼ぶ。世界の命運を決する死神に取って代わろうという怪異な欲望が、関わった少女たちの心を汚染していく。事態を解決しようとする風紀委員長の新刻敬も、否応なくそのどす黒い退廃に引きずり込まれていく。
あげくの果てに彼女が選択するのは容赦なき断罪か、それとも共倒れの崩壊か―?


一言感想はこちら

http://chishim.com/books/236.html


ブギーポップ・チェンジリング 溶暗のデカダント・ブラック (電撃文庫)/KADOKAWA/アスキー・メディアワークス

¥594
Amazon.co.jp

AD
八年前に別れた黒崎を忘れられない十和子は、淋しさから十五歳上の男・陣治と暮らし始める。下品で、貧相で、地位もお金もない陣治。彼を激しく嫌悪しながらも離れられない十和子。そんな二人の暮らしを刑事の訪問が脅かす。「黒崎が行方不明だ」と知らされた十和子は、陣治が黒崎を殺したのではないかと疑い始めるが…。衝撃の長編ミステリ。




こちらからどうぞ

http://chishim.com/books/233.html


彼女がその名を知らない鳥たち (幻冬舎文庫)/幻冬舎

¥741
Amazon.co.jp

AD