ルーンの子供たち 冬の剣6 (Next novels)/ジョン・ミンヒ
¥900
Amazon.co.jp


ルーンの子供たち 冬の剣の続編となります。



帯より引用


「シルバースカル大会で優勝を手にし、月の島へ戻ったボリスは、

栄誉ある爵位を与えられる。周囲から注がれる期待と嫉妬に苦悩

するボリス。


今度はどこへ行けばいいのか


そんな時、ボリスは、伝説の"いにしえの王国"と月の島を繋ぐ

隠された真実を知ることとなり・・・・・・・・」



冬の剣の続刊となります。

既刊では、1巻ではボリスとその兄イェフネンの物語と

ジンネマン家の没落が描かれました。


2巻では、ベルノア伯爵家の庇護下におかれたボリスが剣の師匠

ウォルナットと出会いました。


3巻では、月の島を訪れ、イソレットと出会います。


4巻では、月の島での修行生活

5巻ではシルバースカル大会への参加

6巻では師匠とイソレットと別れ、月の島を後にします。


ボリスが友達を助けるために、幽霊とゲームをするシーンが

あるのだけど、ファンタジーの世界でポーカーじみたゲーム

ってのがどうにも違和感がありますね・・。


残念ながら、4leafキャラクターの登場はほとんどありません。

そして次巻が最終巻となります。(10/20)


誤植が多いのは愛嬌・・・いやいや、キャラの名前間違えるとか

ありえないから!




AD

イヴの時間 ANOTHER ACT

テーマ:
イヴの時間 another act (ガガガ文庫)/水市 恵
¥620
Amazon.co.jp


インターネットアニメから始まった「イヴの時間」ノベライズバージョン

です。著者は、水市恵氏。



裏表紙より


「ピアノの感想を求めると、ハウスロイドのサミィは一言

『楽曲です』と言った。・・・わかってた。家事手伝いの

ロボットに感情はない。音楽なんてわからない。

見た目は人間そっくりだけど、人間に従うだけの、

道具に過ぎない。そんなサミィの行動記録に不審な

痕跡を見つけた僕は、サミィが行った先を確かめにいく。

たどり着いたのは、人間とロボットの区別をしない、

不思議な喫茶店「イヴの時間」。まさかサミィがここに?

そして僕は、思わぬ再開を果たす。」



というお話です。

Web発のアニメ「イヴの時間」のノベライズとなります。

内容に関しては大筋は変わらず、ややオリジナルの

要素を加えたストーリーです。


設定は近未来。家電としてのアンドロイドが各家庭に

普及し、育児用、演奏用など様々なタイプのロボットが

テストされ始めた、そんな時代。

ロボットは人間の命令に服従しなければならない。

なのに主人公・リクオの家のハウスロイド「サミィ」は

命令にない行動をとります。

一体なぜそんなことをやっているのか?

どこにいっているのか?


人間とほとんど姿形が変わらなくなったロボットとの

触れ合いを描いた作品です。


アニメ版のストーリーすべてを網羅したものではないですが

きれいにまとまっています。

多少お約束っぽいところはありますけど

原作の雰囲気を壊さない、読み味のいい小説でした。



オススメ度 ☆☆☆☆








AD