桐光学園の親御さんから、こどもを地方でもいいから国公立大学に入れたいとご相談が寄せられます。

 

回答

 

桐光学園(四谷大塚偏差値48)で特進のSAなら可能ですが、それ以外だと厳しいです。

 

もちろん浪人覚悟であれば、十分、可能です。

 

現役で国公立に入るならば特進のSAに入ることが前提条件です。

 

最新版桐光学園の進学実績一覧

 

なぜ、国公立に進学させたいか?

 

ひとり暮らし費用もかかるので、アパート、仕送り代だけで年間100万円、さらに国公立の授業料の負担も重くのしかかります。

 

お金だけを考えれば、実家から通える都内の私立大学の方が安く行かせられます。

 

大学生のバイトもコロナで不況の昨今、壊滅的です。

 

課題や勉強が厳しい国公立だと満足にバイトもできないでしょう。

 

就活できる会社、説明会も地方では数が限られてきます。

 

地方の大学に通う就活生は、土日、弾丸ツアーで就活し、卒論を書いています。

 

 

一番大事なのは、お子さんが地方の国公立大学に行きたいか?です。

 

やはり神奈川、東京は便利です。

 

大きな駅が張り巡らされています。

 

それを不便な見知らぬ土地に行って、車なしで自活するのも本人は嫌がるでしょう。

 

桐光学園は、私立大学の推薦枠をたくさん持っています。

 

もちろん推薦も大変です。

 

大学受験だと1年がんばれば運がよければ合格できますが、推薦は高校3年間いい成績を取り続けなければなりません

 

しかし、ネクシスでは3年間熟練のプロ講師がサポートするので、それが可能です。

 

ネクシスにはあのむずかしい学校の定期テストで得点できるノウハウ、データがあります。

 

昨今は指定校推薦が取れない子もでてきていますが、ほかにもAO入試が盛んです。

 

ネクシスではAO入試も創立20年、全戦全勝しています。

 

浪人を出さないのがネクシスのモットーです。

 

大学受験が厳しくなっていく昨今、桐光学園の強みである推薦入試を活用することも考えてみては?

 

無駄に浪人する費用時間もかけずに、優良大学に進学できます。