英検、TOEIC、TOEFL、、、英語入試改革が揺れに揺れています。
 
萩生田文科省の身の丈発言が炎上し、英語民間入試が先送りしました。
 
大学や学校現場からは猛反対の声が上がっています。
 
このままではどれに絞って勉強していいかわからない。
 
当事者の高校生が、一番の被害者といえるでしょう。
 
高校生が混乱するばかりです。
 
混乱する理由は、どの試験も受けたことがないことが挙げられます。
 
いくら考えても、経験がない以上、わかりません。
 
そこで大学受験、TOEIC、英検を指導してきた私が、総合的にどれがいいのか英語試験改革を分析します。
 
問題は複雑化する一方です。
 
しかし、答えは単純明快です。
 
この問題に左右されずに、突き進むのみです。
 
当講義を聞いて、頭をさっぱりさせて、己の道を突き進みましょう。