ニュージーランドトロフィーの予想2017|出走予定馬と注目馬

ニュージーランドトロフィーの予想2017|出走予定馬と注目馬

2017/04/08(土)に中山競馬場・芝外1600mで開催されるニュージーランドTの出走予定馬の情報や、注目している馬の情報を紹介していきます。少しでも参考になれば幸いです。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

4/8(土)に中山11R・芝1600mにて

《ニュージーランドT》が開催されます。

 

 

 

 

3歳マイル王者決定戦である

NHKマイルカップのトライアルレースで

1~3着馬には優先出走権が与えられる。

 

 

果たして2017年の覇者に輝くのは

一体どの馬なのか!?

 

 

⇒本当に狙うべき◎はコレだ!

 

 

まずは出走馬を見ていきましょう。

 

 

==============

ニュージーランドTの出走馬

==============

 

 

枠 馬番 馬名 斤量 騎手

1 1 ナイトバナレット 56 中谷雄太

1 2 ランガディア 56 戸崎圭太

2 3 セイカチトセ 56 吉田豊

2 4 メイソンジュニア 56 菱田裕二

3 5 マンカストラップ 56 江田照男

3 6 ジョーストリクトリ 56 シュタルケ

4 7 スズカゼ 54 吉田隼人

4 8 ダイイチターミナル 56 大野拓弥

5 9 カリビアンゴールド 54 田中勝春

5 10 クライムメジャー 56 川田将雅

6 11 ジャッキー 56 松岡正海

6 12 スズカメジャー 56 岩田康誠

7 13 イノバティブ 56 石川裕紀

7 14 タイセイスターリー 56 内田博幸

8 15 タイムトリップ 56 田辺裕信

8 16 ボンセルヴィーソ 56 松山弘平

 

 

以上、出走馬16頭になります。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はコレだ!

 

 

==============

人気上位が予想される注目馬

==============

 

 

タイセイスターリー

 

ミッキーアイルの弟。

 

シンザン記念2着の後の共同通信杯では

ハナに立つ積極的な競馬で4着。

 

共同通信杯の内容も悪くなかったが

この馬の本質はマイラーだろう。

 

距離短縮となる今回は溜めが効くので

より良い競馬が期待できそう。

 

NHKマイルカップを目指すうえでも

ここでの好走は必須だ。

 

 

クライムメジャー

 

半兄はサトノノブレス。

 

前走はアタマ差の辛勝ではあったが

500万条件を突破し、OP入り。

 

道中で掛かる癖が難点ではあるが

新馬戦でアドマイヤミヤビを破っており

素質はこの中でもトップクラス。

 

叩き2戦目でさらなる前進も見込める。

 

鞍上は川田騎手との新コンビ。

手綱さばきに注目したい。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はコレだ!

 

 

ボンセルヴィーソ

 

朝日杯FSの3着馬。

 

3戦連続で重賞に挑戦中で

その3戦とも馬券内に入線しており

非常に安定感が高い。

 

今回は初めての中山コースになるが、

小回りコースで直線が短くなることは

逃げの同馬にはプラスに働きそう。

 

本番を迎える前にまずはココで

悲願の重賞タイトルを掴み取りたい。

 

 

スズカメジャー

 

前々走のきさらぎ賞では

スタート直後に外へ逃避して

競走中止となったが、

 

それを除けば2戦2勝で

まだ能力の底を見せていない。

 

勝った2戦では非凡な瞬発力を

見せており、このメンバーに

入っても素質は引けを取らない。

 

 

ナイトバナレット

 

前走・ファルコンSで11着と大敗。

 

スタートで大きく出遅れて

不完全燃焼の競馬だった。

 

今回の舞台はジュニアCで鮮やかな

差し切り勝ちを決めた得意舞台。

 

久々を使っての上積みも見込めるし

ここはなんとしても巻き返したい。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はコレだ!

 

 

============

過去10年のデータ考察

============

 

 

まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。

 

 

~~~~~~~~~

人気データ考察

~~~~~~~~~

 

1番人気【4-1-1-4】

2番人気【2-2-2-4】

3番人気【0-1-1-8】

4番人気【0-2-0-8】

5番人気【0-2-0-8】

6番人気【1-0-0-9】

7~9番人気【1-1-3-25】

10番人気以下【2-2-2-65】

 

 

1~2番人気はまずまず堅実。

 

だが、人気薄の好走も目立ち

高配当が多いレースでもある。

 

07年には3連単490万円の

大波乱もあったレースなだけに

穴馬の激走に注意したい。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はコレだ!

 

 

~~~~~~~~

枠データ考察

~~~~~~~~

 

※2011年阪神開催除く

 

1枠【0-0-0-17】

2枠【2-3-3-10】

3枠【3-1-1-13】

4枠【1-1-1-15】

5枠【0-2-1-15】

6枠【1-1-2-14】

7枠【1-1-0-16】

8枠【1-0-1-16】

 

 

スタート後すぐにコーナーがあり、

外枠にロスがあるため不利になる事が多い。

 

また、当レースは1~2番の内枠に

入った馬の成績もあまり芳しくないので

中枠に入った馬を中心視したい。

 

 

~~~~~~~~~

脚質データ考察

~~~~~~~~~

 

※2011年阪神開催除く

 

逃げ【0-0-0-11】

先行【6-3-4-23】

差し【3-3-3-41】

追込【0-3-2-39】

マクリ【0-0-0-1】

 

 

ペースが上がりやすく、

先行タイプが好走する傾向が高い。

 

ただ、2015年の時のように道悪になると

先行総崩れのパターンもあるので注意。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はコレだ!

 

 

==========

予想情報局の総括

==========

 

 

3歳マイル路線の頂点を目指しての

ステップレースであると同時に、

 

距離適正の見極めポイントにもなるのが

このニュージーランドトロフィー。

 

 

大荒れの年と堅い年があるのは、

この先、別の路線を歩む馬たちが

一緒に走っているのが要因だろう。

 

 

さて、このレースで有利な条件は

コース経験があることと、

コース形態を活かせる枠に入ること。

 

 

2コーナーまでの短い距離を

下りつつのポジション争いになるので

外枠はロスがあり不利になる。

 

 

また、脚質は逃げ・先行の成績が優秀で

上がり勝負になりずらい傾向がある。

 

 

よって、内~中寄枠の逃げ・先行馬を

~~~~~~~~~~~~~~~~~

中心に予想を組み立てたい。

~~~~~~~~~~~~~

 

 

⇒本当に狙うべき◎はコレだ!

 

 

本命は【スズカゼ

=========

 

キャリア8戦中で1秒前後の

大敗が4回もある馬。

 

しかし、中山1600mを走ったときは

うまく先行して菜の花賞勝ちと

アネモネSで3着の好成績を残している。

 

牝馬だけに今節の桜花賞での走りを

見てみたかったが、このメンバーなら

牡馬相手でも勝ち負けできそう。

 

 

対抗は【メイソンジュニア

=============

 

芝のマイルは今回が初めてで

過去最長距離となるが、

 

これまでの内容から問題なく

クリアできるだろう。

 

オープン勝ちの実績だけでなく

前走で負けはしたものの

強さを見せることができた。

 

叩き2戦目のココも自分のカタチで

走れれば上位進出だ。

 

 

そして【タイセイスターリー

==============

 

ここまで表舞台を歩んで一定の結果を残している。

 

力量的に勝ち負けは当然のところだ。

 

外枠をうまく捌けるかがポイント。

 

 

最後に【カリビアンゴールド

==============

 

このコースの経験を活かせる戦いに期待。

 

スズカゼと対戦した菜の花賞の

敗戦も活きてきそうだ。

 

 

以上を加味した馬券戦略は

 

◎ 7.スズカゼ

◯ 4.メイソンジュニア

▲14.タイセイスターリー

☆ 9.カリビアンゴールド

 

 

日曜日の桜花賞へつなぐヒットを狙って

馬連4頭ボックスで勝負する。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はコレだ!

 

 

 

 

その他の最新の競馬ニュースはコチラから

【無料アプリ】
http://keiba-headline.com/mobile-app/

【Facebook】
http://keiba.simple-url.net/ads/facebook

【Twitter】
http://keiba.simple-url.net/ads/twitter


また新たな情報を入手し次第、ご連絡させて頂きます。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス