ご興味ある方はどうぞ!

:::::::::::::::::::::::

第34回 内分泌糖尿病心理行動研究会 
http://www.nt-shinri-k.net/html/annai.html                         
                          
日 時:2021年10月3日(日) 14:00~17:40

会 場:WEB配信(事前登録要)9月12日締め切り
テーマ:「 薬物療法を有効にする心理行動科学的アプローチ 」

時間    内容
[開会の挨拶]

14:00~14:05  茨木市保健医療センター 所長 深尾 篤嗣
[一般演題]

14:05~14:25 座長 京都大学人間健康学科 教授 任 和子先
「バセドウ病とともに生きる人の服薬アドヒアランスとその関連要因」
演者 神甲会隈病院 八木順子先生


[教育講演]14:25~ 15:15
「糖尿病診療における医療者の医療学的態度の重要性~SGLT2 阻害薬で気づい たこと~」
座長 
京都府立医科大学大学院医学研究科内分泌・代謝内科学 学内講師 浅野 麻衣先生
演者 
京都府立医科大学大学院医学研究科内分泌・代謝内科学 講師 山崎 真裕先生 

[休憩]15:15~ 15:25
 

[特別講演]15:25~ 17:35
[薬物療法を有効にする心理行動科学的アプローチ大決戦 ~コーチングvs 動機付け面接 vsACT
座長 
住友病院臨床心理科 巣黒慎太郎先生
演者
コーチング
「薬物療法を有効にするためのコーチング」  
大石内科クリニック院長 大石まり子 先生
 

動機付け面接
「薬物療法を有効にするための動機付け面接」
大阪市立大学医学部小児科 講師 川村智行 先生
 

ACT(アクセプタンス&コミットメント・セラピー
「薬物療法を有効にするためのACT 」  
同志社大学心理学部 助教 大屋藍子 先生                                        
 

 [閉会の挨拶]  17:35~17:40  
京都府立医科大学大学院医学研究科内分泌・代謝内科学 学内講師  
浅野 麻衣先生
 

※本研究会は日本心身医学会(3単位)および日本心療内科学会認定(2回参加で2単位)取得できます。
※日本糖尿病療養指導士認定の対象研修会の予定です(1単位)。認定希望の方は研修開始時、研修途中、終了時の3回のキーワードを当日中に提出ください。

参加ご希望の型は、MSD社の会員登録とメール配信サービスの登録が視聴登録と同時に必要になりますので下記までご連絡ください。
tatsuya.konishi@merck.com
                 

参加費:1,000円


共催    内分泌糖尿病心理行動研究会
MSD株式会社
Copyrights (C) 内分泌糖尿病心理行動研究会