茶道のお稽古で ふと
「京都高島屋で 中村宗哲展を見てきました」と口にしたら、
師匠がお稽古に用意してくださったお棗(なつめ)がこちら。
初代中村宗哲の作品です。
400年の歴史があります。
{DDD304C1-F70C-4B95-ABF8-7C22AF676043}

たんぽぽと六人の作り姫の漆作家 島本恵未ちゃんに写メを送り、お聞きしたら、

 

「繊細な京漆器ですね。

 

初代はとても技術があったとお聞きしました」とのこと。

 

 

 

{C76FA65F-6700-4E25-8DE4-6DA83959FEED}

 

「全く木地が見えないのは やはり 木と下地の質が良いのですね」

 

と恵未ちゃん。

 

師匠も同じことを言っていました。

 

蓋を置いて手を離すと すーっと滑るように落ちて 閉まるんです。

 

400年たってもその閉まり方をするには 木地が膨張したり減っていたりしていない、ということですよね。

 

 

 

{AB5C4CDA-0E57-460D-832D-1A5A1D0D1F49}

 
十一代中村宗哲さんと師匠のお父様とは 俳句仲間でした。
「中村宗哲がすごいわけではない。木地師さんやたくさんのかたが力になって、
それぞれの素晴らしい技術で一つの茶器がなりたっている」
と十一代は謙虚によくお話しされていたそうです。
 
古いお道具を使わせていただけるのは とても贅沢なこと。
このお道具を美しいフォルムのままで次の世代に伝えていってほしい、
と師匠の願いを感じつつ、
緊張をもって お稽古をさせていただきました。