有斐斎弘道館(ゆうひさいこうどうかん)は 
江戸中期の儒者・皆川淇園(みながわきえん)の学問所「弘道館」だった数寄屋建築ニコニコ
建物を壊しマンションに、との計画の矢先、
「それは、あかんやろ」と維持保存しようと動いてくださった方たちのおかげで
無事、建物・庭園ともに現存し、
今、こうして 現代の学問所として日本文化の素晴らしさを伝える場所になりました音譜

京都・地下鉄丸太町駅 もしくは 今出川駅から徒歩7分
京都御所に程よく近い場所にありますひらめき電球



{F63B9397-A38F-49B5-BDEE-EEA8E71872B9:01}





今日うかがったのは 能あそび に参加するためアップ

大好きなマリコさんとご一緒ですドキドキ

観世流シテ方能楽師

(つまり 能で主役ばっかりするお役目で 観世に所属しているかた、ということです)

林宗一郎先生主催のこの会、

2か月に1度、シテ、ワキ、狂言、囃子方(和の楽器を演奏されるかたたち、ってことですね)をゲストに

それぞれの役割と魅力を教えていただける貴重な楽しい会なのですラブラブ!


{E371FBF6-32D4-4505-A266-6BE8A89B35F6:01}






まずはお呈茶お茶
老松さんが この会のテーマに沿ったオリジナルのお菓子を作ってくださる贅沢な企画ですラブラブ!
この日、
林宗一郎先生と前川光範先生が饗宴してくださったのが「鞍馬天狗」
護法魔王尊が金星星から降り立ったとされている鞍馬寺、
どこにも何にも属さない唯一の寺、として確立した地位を築いたそうで・・
焼き印はその金星です星
{4D32E2B9-1A33-4580-B7CD-EB4964974B62:01}

灯りに照らされて、薯饅饅頭も金色に見えてくる不思議・・流れ星



割ってみると・・

(薯蕷は お茶席でも 手で割って召し上がってくださいね)

{BA73B2ED-1B11-4A8C-B927-F9F05B1C2C8C:01}

!!

贅沢すぎる配合の栗で 驚くほどに 美味しかったのです合格



{65B7C89D-113F-4290-9D4D-E594A7258B64:01}



見えますか・・お相撲さんのお茶碗でした どすこい音譜

{EBED68F4-609E-4923-B814-30888F062E49:01}

{BC1B2418-0E10-416C-B78A-801BA18305A6:01}





お茶を十分楽しんだ後は いよいよ、能あそびのお部屋へ移動しますひらめき電球

向こうに箱のように見える椅子が二つありますでしょう

林宗一郎先生と前川光範先生がお座りになり、トークが始まりますニコニコ

{265CAF82-C8B7-4BE1-AFBF-973F678FB441:01}

{0CF56116-10BA-4083-8EFF-B2F40833D27D:01}



この方が林宗一郎先生→

{0DEC5950-7FB3-47D5-8F92-3EF95BC2F393:01}

前川光範先生のお父様に太鼓を習っていらして、

とても怖かった叫びと思い出話をニコニコ

太鼓のお稽古は 22歳まで続いたそうですが、途中 行きたくなくて行きたくなくて

さぼってしまった時期もあったとか、なかったとかあせる





ゲストの 前川光範先生

{FD358D73-0189-41C7-A7D4-51B470F69F52:01}

林先生とは同い年。

金春流(こんぱるりゅう)の太鼓方でいらっしゃいます。

能の太鼓は 金春流と観世流があり、バチの持ち方も違うのですビックリマーク

右は甲が上を向く持ち方(普通ですね)

そして、左は手の平といいますか、手の平の親指の下のふっくら部分が上を向いているんです!!

(陰陽を表すそう)

そうそう、あれ?手をひねった?って感じですねにひひ


太鼓方さんは 能の舞台の後半が主な出番、

それまで ずっと正座で じ~っと過ごしていらっしゃいます。

やっぱり 足はしびれるんだそう。

何かを持ち変えるなどの時、腰を高く上げている人がいらしたら さりげなくしびれを取っているんですよ~とにひひ

舞台は集中しているから、普段はぼ~っとしています、なんて このルックスで可愛いことをおっしゃる・・ファンサービスも忘れずにべーっだ!

光範先生は イケメンですビックリマーク

そして、何より、

会話では無口でシャイな印象なのに、

バチを持った途端、え?あらら??ときりっとした表情で太鼓を叩かれる・・そのオーラたるやすごい!!

左右のバチから 微妙に違う音を出され

(陰陽を表しているそう・・で、この微妙~はとても素人には難しい按配なのです)

太鼓の中心だけ避けて 真ん中、

(わかる?わかる??ど真ん中は避けて、ちょっと脇を打つんです でもそれも 端から見たら、真ん中やろ?くらいの場所なの)

高すぎず、低すぎず、きっと舞台で出しゃばらずにいて映えるのだろう音を出されます。


エア太鼓の時間は楽しかった~音譜

先生がお手本を見せてくださり、

私たちが真似ます。

難しさを痛感しつつ、手を振り上げて 見えないバチをテン~と振り下げるニコニコ

太鼓の奥深さを垣間見る時間です合格


一調「鞍馬天狗」

マリコさんいわく、「宗一郎先生のどっしりとした謡と 光範先生の凛々しくまっすぐな太鼓に聞きほれた」

義経が出会った天狗って もしかしたら、源氏の落人だったのかもしれませんねえのお話しをされながら、情感たっぷりに。


林宗一郎先生もイケメンなのです!!

緊張で縮こまっている私は 無視して、可愛らしいマリコ嬢とのツーショット、とご覧あれ恋の矢

{48F0A2F0-4010-49A6-AFC6-26BFC6DDDB6A:01}


前川 光範先生のブログ「ウツべしウツべし」→

能楽師さんは 近くにいるだけで その空気が凛として そして楽しませ方もご存じ・・

エンターテイナーなんですね音譜

学ぶことが多い、しかも楽し過ぎる いいとこばかりの”能あそび”です合格