一度食べてみたかった蕎麦、どうづきそば(新そば)を食べに行ってきましたニコニコ
独特の森の緑が美しい信州、
ビーナスラインから別荘・保養所へ向かうメルヘン街道沿いにありますひらめき電球
八ヶ岳山麓産の蕎麦の実を使った、本格そばの
”そばのさと”さん目


{09B3AAB6-A768-4277-BEA0-6E297CF3D1D4:01}



このあたりは たくさんの蕎麦屋さんが目につきます目

その中では 大きいお店かもしれません

少しだけ待って入れましたひらめき電球

14時半でしたから、お昼はかなり込み合うのかもあせる

人気のお店ですね合格

{AEBB550F-D330-4C8C-BF2F-830FCB73D626:01}



このカウンターでいただきましたよ

後に お座敷があいて、移動させていただきましたニコニコ

朴とつとした感じでしょう・・

店員さんも黒のエプロンを皆さんがつけていらして、

オシャレではないんだけれど あったかい明るい対応アップ

{3623B1BF-539D-4713-AE42-BE39FDF58FDA:01}



40分待って、やっと登場~ラブラブ!

十割どうづきそば ですひらめき電球

{345C2253-A081-4049-8768-2EF7531284F2:01}

まず、水に入ったお蕎麦を つるっといただきます(水は飲めません)

喉越し良く、香りがほんわか広がります

次に

お塩をつけてひらめき電球

無製粉なので ざらっとした感触、それを芳醇なそばの香りが包み込みます

田舎のお蕎麦ではなく、洗練された感じ


そして おつゆをつけて。

東京からのお客さんは おつゆがあっさりだね、とおっしゃっていましたが、

私たち関西人には 充分濃厚な お醤油の味も感じる甘めのおつゆでした音譜

お蕎麦の野趣あふれる香りは そんなおつゆにもじゅうぶん対応キラキラ

わさびが もっとたくさんでも嬉しいなと思ったけれど お蕎麦の味を邪魔しちゃうのかしら



{A6FEBD1C-84D9-4CE9-92F4-52822F42D0CA:01}

こちらが、最初にいただく、水そばひらめき電球

じゅんさいみたいに 美しいですねえ恋の矢



{18908706-9F24-40B9-ACDC-6DC20A3C29B8:01}

こんな格好ですみませんあせる

お蕎麦の長さが わかっていただけますはてなマーク


「水萌千本杵つき製法」で作られた蕎麦

地域古来の伝統製法を 信州大学が開発した機械により 多くの生産を可能にしました

前処理、水分量、捏ね時間の工夫で

職人技と同じ味のお蕎麦にビックリマーク


蕎麦の実を甘皮を残したまま、低温の信州の水に数日つけ、

餅をつくように潰して捏ねるのが

「水萌千本杵つき製法」だそうです


つなぎをいれないので、この短さ、その分、蕎麦の上質な香りがいっぱいですニコニコ

少し洗い歯ごたえも このおそばの特徴なんでしょう


山葵の葉の天ぷら、

濃厚なとろみのあるそば湯、

美味しくいただきました音譜