京都・五条の半兵衛麩さん音譜
ヨガの後、うかがいましたよ合格


{ABC0805A-D972-4B57-A369-3526C958316E:01}

手前はお麩を出汁で炊いて、冷やしたもの

奥左(アンティークの盃)は ゆばの佃煮(カツオのふりかけのような感じでした)
その右は 湯葉と野菜の胡麻和え


こちら、半兵衛麩さんは 1689年創業のお店、

水と素材と技を大切に お味を守っていらっしゃいますニコニコ




{CC6A2C7C-C781-4020-9883-DC47B4C578D8:01}

風情ある佇まい


{0C26EF02-A33A-4230-9ADB-F9EA1184BD28:01}

古い建物の中に 和のものや中国っぽいもの、洋のものなど 深い味わいの歴史を感じさせる調度品が並びます



{4A98FC94-72D8-4AA8-A95B-9A7778858145:01}

落ち着きますね

実家を思い出すような、懐かしいしつらえ



{A1AE6839-21A3-4A1B-BF5A-39AE38499250:01}

立派なお軸も お写真はありませんが 素晴らしい絵の数々、香合など

コレクションも素晴らしいクラッカー

2階には 数々のお弁当箱の展示もされていて、一見の価値がありますラブラブ!

{5DD494DF-A71A-4DED-A62B-A4EFC34C5684:01}





{27EEF59A-7EC6-415A-A2A6-42F103FB38D7:01}

ご飯、その向こうは山椒のお麩

手前左は 生麩を焼いて味噌をつけたもの

右は (ご飯の右横)銀杏と木耳が入ったお麩、そして 笹饅頭(これは デザートね)



{76959579-929B-4554-BC35-CAB7F56FA745:01}

冷たい生湯葉は 塗のスプーンで



{EBDB484D-9B23-452F-B151-FE4DAB0BCFE2:01}

揚げ物もすべてお麩です

左下は 半兵衛麩さんオリジナル、吹き寄せの麩



{FE74CA85-A574-494B-95F2-862F4C9AC89E:01}

お麩の揚げ出し

もっちりのお麩でボリューム満点!!

ああ、この器 素晴らしくいいお品だったのです

側面からも お写真撮るべきでした・・失念汗と書いた途端・・



{F0FF36E2-F8C2-4C17-871E-6B22B9AD9147:01}

柴山浩美ねえさま→

(親しみと尊敬をこめてそう呼んでいます)から、

「あら、けいさん、お写真ありましたよ」とお送りいただきましたラブラブ!

感謝ドキドキ




{5B6D8D29-A431-4F75-B9F3-D19CF0C47AE1:01}
夏なので 白みそも こってりではなく、さらっと仕上げてありました
蓬麩(よもぎふ)の白みそ椀です
ちょこんと上に載せられた辛子が効いて、さっぱりといただけます



{CA64C5EE-4C9A-43B2-86AE-8D69E23EC42B:01}

緑の色が鮮やか





{6FF2DA53-4A3A-4133-ACFD-2163212E693D:01}

窓から見える景色、すがすがしくて いいですね



{ADA3480C-48CD-4511-B706-30DA5AA6DB99:01}

塗に金魚・・と思いきや、この金魚は塗に描かれたもの

水をはると 涼しげで 皆さんが目をとめていました


お麩、ゆばは 室町時代に中国から伝わったもの

京都の寺院や宮中で育まれた、日本の伝統食材ですニコニコ

現代では 植物性タンパク質を低カロリーでとれる、ということで

食する女性も多いですねひらめき電球

この、ゆばと麩で展開されたランチ、食べきれないくらいお腹いっぱいになります目

お隣では たくさんの種類の麩とゆば、そして お菓子も販売されていましたニコニコ