宝塚花組 千秋楽

テーマ:
ご縁をいただき、チケットが取りづらい千秋楽へ口紅
御影で着付け教室をされている柴山浩美さんとご一緒に→


{2546CC91-8004-4614-99F1-4C1AE1A3E55C:01}
雨の一日で
浩美先生も シルック(ポリエステル素材の洗える着物です 東レの商品)
優しげな帯締めの色、
同系色の地色の帯で 優しげ上品な印象にベル


{D45D9E7F-FB28-4027-B99A-1680537FBB58:01}

宝塚の休憩は30分

お店に行くかた、お弁当やサンドイッチを召し上がるかた、お茶するかた・・過ごし方いろいろ

意外とあっという間なんですよニコニコ

浩美先生と私は 一階のこのあたりで、

本公演 ”カリスタの海に抱かれて”の練習風景のビデオをガン見目

「わあ、色が白いわ」←浩美先生何度も言う好

「細いねえ 細いねえ」←けい 何度も言うキャハハ

私はこの花組さんの公演鑑賞は二度目、練習を見ると ああ、あのシーンビックリマークと浮かびます

感慨深い・・

前回の公演鑑賞の様子→



{218D3171-81AD-4A80-9236-01B446166654:01}
ホワイエにて
珈琲を買うつもりが あまりの列にやめちゃった私たちにひひ




{3F62D9E9-C35E-43E1-B74D-D5E69CE353EF:01}

浩美先生は初めての宝塚ベル

「わあ、それなら 階段でお写真ビックリマークは必須よ~」

私にいざなわれて、はい ポーズドキドキ


{5E5944B7-7E34-41C3-8996-7BAC6972BAD3:01}

「後ろの絵、綺麗よねえ」

言いながら、私も入れ替わりでパチリしていただいてカメラ



{038ECA02-F6D6-4D25-877A-ACCB179842F7:01}
休憩もそろそろ終わり・・・
「今からでもオペラグラス 借りたほうがいいと思う?」と浩美先生にゃ
「オススメよ~ショーとっても素敵だから」キャッ☆
花組さんの公演は ピンク色のオペラグラスだそうブーケ2
全色使ってみたいって思っちゃいますキラキラ
(ちなみに 今回のショーは台湾公演でも公演されるもの 
ところどころに和が入り、桜を感じる、宝塚色が強い中に日本の良さを感じる出来栄え、素晴らしいです)


宝塚の公演は 終了して幕がおりると アンコールはありません
皆さんわかっていらっしゃるので、
いつもの公演ではすぐお帰りになります
でも、この日 4月20日は千秋楽ブーケ1
いつもの幕がおりた後・・・
組長さんが出ていらして、ごあいさつの後 退団のかた4名のご紹介をバラバラバラバラ
花組さん全員が見守る中、
お一人お一人 あの大階段から降りていらっしゃいますラブラブ!
黒の紋付に 緑の袴・・ああ、お美しいラブラブ!
そして、
観客のかたへのお礼、ご自分の思い出、次の東京公演まで立派に勤め上げます、と
お心を語られます
それが・・もう・・感動で・・母心で観てしまう涙
清く正しく・・その言葉を何度も聞き、
こちらまで すがすがしい気持ちにしてくださる、さすがタカラジェンヌさんラブラブラブラブラブラブラブラブ
トップの明日海りおさんのごあいさつも とてもお人柄の出る心に沁みるもので
3回のアンコールも楽しませていただきましたアップ


13時公演で 弘美先生はレッスンの後 駆けつけてくださいましたニコニコ
お腹空いていた私たち、ケーキタイム~ケーキ
{7D862F61-E3D1-4099-9A11-59A4927FB75D:01}


{76A46FF6-1FC3-4B0D-BF2F-A8589949409E:01}

まだ、胸にチケット笑


私のきものは 次回のブログでご紹介させてくださいませ合格