2014年の夏、
小田原より京都・祇園へいらした西村さんご夫妻、
素敵なお二人の満を持した
京都をコンセプトにしたフレンチですナイフとフォーク
MAVO マヴォ とお読みするそうニコニコ





{871AC74D-2E21-4FC3-8F41-97AD837A5D75:01}

コースは お薄から始まりますニコニコ

寒い日、胃にすっと入る、美味しいお薄

ひとりひとり違うお茶碗で出してくださいますよお茶

まだ女子大生(後輩さんでした)だけれど、あなどるなかれ、とてもお茶に詳しい女性が点ててくださいます合格


お店の場所は 

「八坂南門から浜作さんを越えて、ほんの少し 舞風館ってホテルお願いします」

って、タクシーに言えば連れてってもらえます車

そのホテルの1階にありますよ

地下鉄四条駅や阪急河原町駅、京阪祇園四条駅からも がんばれば歩けますビックリマーク

お腹を空かせるのにちょうどいい距離かもひらめき電球

{55E63C12-88E4-447A-9886-6FB67DD30A39:01}


いつも通り シャンパーニュのグラスで乾杯カクテルグラス

{412A23CF-4B5B-47A7-9283-211C94A8CC40:01}


小寒のこの日、

”始まりはたまご”でスタートしましたニコニコ

{B5D89764-6A9D-4D54-8DD5-B0E215A1D59D:01}

エスプーマ(泡ちゃんのことね^^)の下には
卵黄のコンフィ、イクラが入り、

魚醤のエスプーマと混ぜ混ぜしていただきます

卵黄は とろとろなので すべてがねっとり感につつまれて さらに美味ひらめき電球




{8EA0E5AC-9A09-4C78-B821-A6BB35B3255A:01}

サヴニエール・レ・ヴュー・クロ 2011

シュナンブランで作られたビオワインぶどう

ユニークな前菜なので、面白みのあるワインを合わせてくださった・・と思いますニコニコ

2011とまだ若い、蒼いと思うなかれ

それゆえの面白さがあるワインでしたよカクテルグラス

{7CB9E185-4819-43F4-8113-85D708E9EA16:01}

グジェールバーガー

手作りのイノシシ肉の生ハムを挟んだバーガーですにひひ

ピンチョス(スペインの手軽な前菜、フィンガーフード)をイメージしてあるのでしょう

スペイン風オムレツ(と言うには とても上品だけれど)が添えてあるユニークさ合格





サンセール地方のワイン・・

フランス ロワール川に添った、

「白い土地」と呼ばれるくらい貝殻を含む土壌でのワイン・・

ミネラル分が多い土壌から作られるので このワインが出ると、

「あ、次は 海のもの」と気づく方も多いはずニコニコ

葡萄はソーヴィニヨンブラン

で、ドジな私は・・一口飲んで「プイィ・フュメ?」と 言った・・

サンセールって目の前に書いてあるのに・・ショック!


{0D1B52C3-BB38-408C-B032-2F86FEF8CF0E:01}

間に パンの写メが入っちゃいました とっても美味しくて 

3個いただいたかたも

いらっしゃいましたよ~

{15DD6F69-AD3F-41BC-AF4F-F0C1E51E8A93:01}

牡蛎と鯖

広島の牡蛎と 確か福井の鯖

とにかく燻製の鯖が美味しいビックリマーク
HAJIMEなどで このように花を使う盛り付けが流行ったけれど
おそらくフレンチ好きは それに飽きてきている・・(ワタシだけ??)ので

色とりどりにしなくていいよ、と個人的には思いました

それくらい、この鯖には パワーがありますひらめき電球

鯖とそれに合うお野菜だけで 勝負できるひらめき電球

{2EF6E43D-693A-45A3-A15D-73C298DB8DB1:01}


才能ある若いシェフ、まだ これから 素晴らしく変化していかれるだろうなあ・・と

大変失礼な言い方だけれど(私の方が年上だからいい、ということにさせてくださいね)

のびしろを とても感じるお料理目

落ち着いたマダムが シェフを支えていらっしゃる、

微笑ましいご夫婦ですラブラブ

次はフォアグラから・・

明日に続きます~ドキドキ