「わあひらめき電球
思わず声が出た作品ですニコニコ
女子高生と桜、あまりに合っていますねビックリマーク
女子高生とパステルカラー、しかもピンクとブルー、もうぴったりですビックリマーク
この面白さを そのまま 受け止めたい・・堅苦しいこと言わずにクラッカー


{ACADD07A-2099-4107-BF51-FE22347ACA93:01}


伝統的な着物の文化とサブカルチャーの融合
「痛キモノ」

ジャパニメーションなど世界的にも広がりつつある、
日本の漫画やアニメ作品を、
日本の伝統的な着物と融合させた、
異色のコラボレーション「痛キモノ(いたきもの)」
第一弾は京都府出身の漫画家「中道裕大」氏のイラストを訪問着にしました。
意匠制作:株式会社キモノラボ

中道 裕大(Hiroro Nakamichi)
twitter/shimaneko555

1979  京都府北桑田郡京北町(現在 京都市右京区)に生まれる。
代表作
「ハルノクニ」全4巻、「月の蛇~水滸伝いぶん~」全7巻など
現在、ゲッサン誌上にて 「放課後さいころ倶楽部」連載中。

連載中「放課後さいころ倶楽部」
高校一年生にあったばかりの武笠美姫(たけかさ みき)は、
周りの同級生達になじめず、孤立し、無感動な日々を送っていた。
そんな彼女が帰り道の鴨川で出会った少女。
高屋敷 綾(たかやしき あや)は 「楽しい」を見つける天才だった。
彼女と接し、この世界にはまだ知らない「楽しい」が溢れていることを知る美姫。
クラス委員長の大野 翠(おおの みどり)のバイト先で出会った「ボードゲーム」を通して、
彼女は様々な人とつながり、
世界にあふれる「楽しい」を知っていく。
京都を舞台に繰り広げられる、史上初、女子高生×ボーd-ゲーム漫画!



{744AF0B0-7308-45F4-96E8-3DBE32D49CC9:01}
こちらが このお振袖の全景桜
パンフレットを写メしての記載で 画像が悪くてすみません汗
初めて見た、「痛キモノ」
海外のかたにも とても喜ばれそうな、そして、あまりに大胆で すがすがしささえ感じますひらめき電球