並べる位置も工夫されているんでしょうねニコニコ
雪ちらほらのクリスマスクリスマスツリーを思い起こさせるキモノですキラキラ


{61C430B3-E01D-4BDF-AD5B-255F4AEF0E8A:01}


向かって左(掲載文そのまま)


秋冬用メンズカジュアルキモノ提案
「男の着物」綿の着物を

温かくカジュアルに着こなす


成瀬 義夫((株)京都デザインファクトリー 代表取締役社長)


着物も羽織も綿素材ですが、特に羽織は起毛素材で温かさを演出しました。

ハイネックセーターとブーツで更にカジュアル感を演出しました。

着て行くところを選ばない男の普段着きものの提案です。




真ん中(掲載文そのまま)


「赤色KASANE」~レッドで極めるクールモダンなクリスマスコーディネート~


能口 祥子((株)アート・カラー カラーコンサルタント)


組み合わせ次第で、可愛くもモダンにもなる赤色。

カジュアルなクリスマスのお出かけ用に、赤色KASANEでコーディネートしました。

赤はインパクトが強い色なので、全体の色数を抑えるとモダンな印象に。

着物は若いときアンサンブルで仕立ててもらったもの。

帯は祖母のおさがりです。

全身を色で楽しめる着物は、その組み合わせ方で、可能性はもっと広がります。

きものを活かす、楽しむ為に、色の使い方のコツやヒントをお伝えしています。

着物の色の組み合わせを学んでいただく「きものコーディネート講座」の準備中です。




向かって右(掲載文そのまま)


江戸更紗「二葉苑の冬のおしゃれ12月のおでかけに」

きものは結城紬を江戸更紗の摺りで渋めの緑色で

ゴージャスな江戸更紗を染め上げました


株式会社 二葉 (染色工房)


二葉苑所蔵の型紙最大限活用として、今回は2柄の型紙を使い、

総型紙枚数30枚。

手間と時間を惜しまずに染め上げた逸品のきものです。

1枚目は細かい縦柄の更紗を両脇に、

中心部分は大きな菊花柄を配置し、仕立てにより追かけ柄になっています。

合わせた八掛け更紗の可愛らしい小花を飛ばしたオリジナル。

共色地にした事で全体をすっきりした印象にまとめてくれています。

襟元は薄色で更紗をあしらった半襟でさりげない個性をプラス。

帯は長浜のとてもユニークな生成りの帯。

お太鼓部分、腹前には繭玉の一番外側(きびそ)を使用して、

シンプルでかつ存在感を持たせた帯地となっています。

(掲載文ここまで)



このキモノたちの説明文を打っていて、
「私の今年のクリスマスコーデは?」とふと考えますクリスマスツリー

クリスマス用のパッチワークの残りきれを半衿にしようかなキラキラ

いつか クリスマス用の帯を購入しようと思いつつ・・今年も我慢のクリスマスになりそうです笑