惜しげなく、柄が 帯下から裾まで 舞うように描かれています合格
今売られている付け下げより ずっと華やいでいます・・
昔、どんな女性がこのキモノをまとったんでしょうねえラブラブ!
牡丹は華やかなキモノの柄の代表格、大輪の牡丹がこのキモノをさらに際立たせますアップ
帯が主役のコーデですが、私のように キモノの美しい紫に白い花に魅かれている人も多いのではドキドキ


{BC9BE789-43AB-4091-BF58-954563930BE4:01}


(掲載文そのまま)

「冬牡丹薫る」

大胆に描かれた牡丹の花を主役に

コーディネートしました。


岡部 久仁子(スタイリスト)


京都に暮らす知人から聞いたアンティークのお着物に

鬼しぼちりめんの牡丹の染め帯。

無地の着物のコーディネートにそろそろ飽きてきた今日この頃。

お着物ならではの柄と柄の組み合わせは、これから挑戦していきたいテーマです。

たくさんの色がまざり合って ひとつのハーモニーが生まれれば・・と思います。

(掲載文ここまで)


スタイリストの岡部久仁子さん、

雑誌クロワッサンや女性キャスター、タレントさんなど多くのスタイリングを手がけ、

オトナの女性が持っている本来の美しさを引き出すスタイリングには

定評があるそうです合格


はっとするほど美しい紫の付下げ、

鮮やかな帯に 帯揚と帯留の赤は意外と馴染んでいますニコニコ

これこそが キモノの真骨頂音譜

柄×柄、そして 服では違和感のある色の組み合わせひらめき電球