この度、人間国宝になられた 
能 観世流ご当主 梅若六郎玄祥先生のお謡いの会へ合格
リーガロイヤルホテル大阪 神戸吉兆さんにて
二か月に一度開かれる、
とても間近で拝見できる貴重な会ですニコニコ


梅若六郎玄祥先生のお謡、
小鼓 大倉流 ご当主 大倉源次郎先生の小鼓による
玉鬘(たまかずら)
源氏物語をご存知のかたは 耳にしたことがある言葉だと思います
光源氏の恋人の一人 夕顔の忘れ形見の女性 玉鬘
源氏物語の中では 髭黒の大将とごく普通の幸せな家庭を持った、
物語の中では珍しい 波乱万丈の無い女性なのですが、
この演目では 妄想の苦しみからなかなか抜け出せない霊として登場します
田舎生まれなのに洗練された美女だった玉鬘、引く手あまたの男性からの求婚、
だからでしょうか、お謡の中には 艶っぽい言葉が多く出てきます
そして、成仏し、消えてしまうのです 



そして、お食事へアップ
photo:01

祝肴

亀さんの中は 白和え

松茸、子持ち鮎などなどおめでたく美しく


photo:02

焼き松茸



photo:03
土瓶蒸し



photo:04
造里(こちらでは おつくりを こう書きます)



photo:05

栗赤飯

この栗が最高に美味しかった・・水分が程よく抜けて、甘みと風味だけが凝縮してラブラブ!


photo:06

炊き合わせ



photo:07

紅ズワイ蟹酢

蟹味噌ものって、上品な味わい


photo:08

近江牛肉焼
神戸吉兆さんのお肉はとても美味しいラブラブ!



photo:09
松茸ご飯 赤だし

photo:10

葡萄やマンゴーを寒天よせしたもの
爽やかですぶどう

お写真が載せられませんでしたが、

いつも 必ず 手作りの和菓子とお抹茶をいただけますお茶

私には過ぎたお席なのですが、

皆さまの着物姿を楽しみに ご厚意に甘えて ご一緒させていただいていますニコニコ

ありがたい誉れをいただいたけれど、これからも変わらず、後進を育てて行く

とおっしゃった六郎先生のお言葉が心に残りますかお

iPhoneからの投稿