Alienwareについての関連情報!!これは気になります!! 以下、(よしいけっ!最強の「Alienware」で突き抜けろ!──デスクトップPC編(+D PC USER) より引用)
よしいけっ!最強の「Alienware」で突き抜けろ!──デスクトップPC編(+D PC USER)  PC USERでは、ノートPCの紹介が続く最強のゲーミングPC“Alienware”シリーズだが、その神髄を味わいたければ、やはりここは、デスクトップPCにも目を向けてもらいたい。 【動画:サイドパネルを開くと白色LEDが点灯する】 【拡大画像や他の画像】  日本のPCユーザーには「んげげげ、それは“アリエンワー”」となる重厚すぎるタワー型ケースで存在感を必要以上に発散しているが、欧米、そして、台湾や香港、シンガポールに数多く生息する“LAN パーティー”ゲームユーザーには、ほかのプレーヤーを視覚で威嚇できるAlienwareのデザインは「アグレッシブなのにクール」と評判がすこぶるよろしい。  日本ではまだまだ未知の領域といえるデスクトップゲーミングPCだが、国内の大手PCメーカーのラインアップから高いパフォーマンスを発揮できるタワー型PCはほぼ姿を消してしまった現在、ハイエンドパーツを搭載して強力な冷却システムを組み込んだPCを選ぼうと思ったとき、大手PCメーカーの製品ではデルが扱うAlienwareのデスクトップが唯一の選択肢になるだろう。  AlirenwareブランドのデスクトップPCラインアップは大きく分けて、“比較的コンパクトな”「Alienware Aurora」と“巨大なタワー型”「Alienware Area-51」に分けられる。とはいえ、“Aurora”と“Area-51”のそれぞれでベーシックモデルとハイエンドモデルが用意され、さらに、その中に複数のパッケージが存在する。このような、幅広いBTOから選んで購入できるのがデル製品の大きな特徴なのはいうまでもない。Webページで階層的に自分の好みのパッケージを選んで購入することになるが、パッケージによってBTOで選択できるパーツの種類が限られることがある。そういう意味では、Alienwareのラインアップ全体を通して、選びたいパーツから購入したいパッケージを探すのがやや難しい状況にある。  そこで、このバイヤーズガイドでは、AlienwareデスクトップPCのオンラインストアで用意されるパッケージを整理して、搭載したいパーツからどのパッケージを選べばいいのかを考えてみたい。なお、先に述べたようにBTOで選べる構成はCPUやグラフィックスカード、OSの種類からメモリやデータストレージの容量、各種インタフェースの有無、サポートメニューや保証プランなど多岐にわたるが、パッケージによって選択できる候補が異なるCPUとメモリ、グラフィックスカードに限って確認していく(なお、ここで紹介するのは2010年4月16日に選べる内容に基づいて説明している。実際の購入にあたってはデルのオンラインストアで確認していただきたい)。 ●小ぶりなコストパフォーマンスマシン「Alienware Aurora」  microATXフォームファクタを採用するAlienware Auroraで、価格を重視した構成を選べるベーシックモデルが「Alienware Aurora」だ。デルのBTOでは構成例として上記の5パターンが用意されているが、このうちベーシックパッケージとプレミアムパッケージはCore i7-860/Core i5-750(開発コード名:Lynnfield)を選べるIntel P55 Expressを基幹とした構成で、そのほかの3つのパッケージはCore i7-9xx(開発コード名:Bloomfield)を選べるIntel X58 Expressを基幹とした構成と、その性格はかなり異なる。  システムメモリは、デュアルチャネルをサポートするLynnfieldモデルが2Gバイト×2から4Gバイト×4までの構成を選べるのに対して、トリプルチャネルをサポートするBloomfieldモデルは1Gバイト×3から2Gバイト×3構成が用意される。最大メモリ容量がLynnfieldモデルで多くなるので、メモリ容量が重要なユーザーは注意が必要だ。  ゲーミングPCにとって重要なグラフィックスカードでは、LynnfiledモデルでRadeon HD 5000シリーズのみ(1枚構成と2枚組みのCrossFire構成が選べる)だが、そのほかの構成ではRadeon HD 5000シリーズに加えてGeForce GTX 260とデュアルGPU搭載のGeForce GTX 295、そしてGeForce GTX 260を2枚使ったSLIも用意される。「私はGeForceじゃないと我慢ならん」というユーザーは「タワー オブ アイオン」認定 推奨モデルやプラチナパッケージを選ぶことになるだろう。 ●小ぶりなボディにギラギラのギミックを搭載「Alienware Aurora ALX」  Alienware Auroraと同じmicroATXフォームファクタを採用した小ぶりなケースながら、ケース天面にシステムの負荷に合わせて排気口が自動で開閉する「Active Venting」を搭載するなど、見た目の派手さがいっそう際立つのが「Alienware Aurora ALX」だ。選択できるパッケージとして3種類が用意されるが、すべて、CPUにCore i7-9xx(Bloomfield)を搭載するIntel X58 Expressを基幹とする構成だ(Core i7-975 EEでは、オーバークロックで3.60GHz動作に設定された選択肢もある)。そのため、BTOで用意されるPCパーツの選択肢は、Alirenware Auroraの上位3パッケージとほぼ共通する。  グラフィックスカードの選択は、ベーシックパッケージと「タワー オブ アイオン」認定 推奨モデルでは、Radeon HD 5000シリーズ(Radeon HD 5870の単体構成か、もしくは2枚組みのCrossFire構成)に加えてGeForce GTX 260とデュアルGPU搭載のGeForce GTX 295、そして、GeForce GTX 260を2枚使ったSLIが選択可能なのに対して、最上位となるゴールドパッケージではRadeon HD 5870の2枚組み構成だけが用意される。グラフィックスカードを1枚構成で選びたいユーザーは、ベーシックパッケージか「タワー オブ アイオン」認定 推奨モデルからカスタマイズを進めるのがいいだろう。なお、メモリは最小構成でも2Gバイト×3、最大構成では4Gバイト×6とAuroraシリーズより強化された構成になる。 ●出でよ巨漢!Alienwareの本質をここに見る「Alienware Area-51」  Alienware Auroraは、microATXフォームファクタを採用することで、“Alienwareとしては”コンパクトな日本の住居事情にマッチしたラインアップだが、パフォーマンスを追及するユーザーなら、巨大なタワー型ケースが放つオーラには抵抗できないだろう。Alienware最強のラインアップといえるタワー型シリーズ「Alienware Area-51」に採用されたケースは、ATXフォームファクタを使い、1100ワットの電源ユニットを搭載する。Alienware Aurora ALXと同様にシステムの負荷に合わせてケース天面に組み込んだエアダクトを自動で開閉したり、ケースに埋め込まれたイルミネーション用LEDの色や点滅パターンを細かく設定できるユーティリティ「Alienwareコマンドセンター」を導入するなど、ハイパフォーマンスを発揮するだけでなく、LANパーティーのゲームイベントで相手を威嚇する機能も忘れていない。  PCケースでユニークなのがHDDベイの配置だ。マザーボードを取り付けるボードの裏面にあたるサイドパネルを開くと、6基のHDDベイが一面に配置されている。HDDの天面が手前に見えるように実装するため、そのさまは、まるでタイルのようだ。また、ケース内部には、バッテリー付きのLEDが各所に取り付けられているのも特徴だ。概して、タワー型のような大きなPCケースになると、内部が暗くてネジ穴などを確認できないことが往往にしてある。PCにイルミネーション用のLEDが組み込まれている場合もあるが、メンテナンス中は電源を落としているため、それらの照明を利用することもできない。しかし、Alienware Area-51のケースは、作業用照明に使うLEDを各所の設け、それらを専用のバッテリーを使って電源オフのときでも利用できるようにしている。  Alienware Area-51で用意されるパッケージは“ベーシック”と“プレミアム”の2種類で、どちらもCore i7-9xx(Bloomfield)を搭載するIntel X58 Express基幹のシステムだ。ただし、Alienware Area-51では、定格動作クロック3.33GHzのCore i7-975 Extreme Edition(Core i7-975 EE)にオーバークロックを施して3.6GHz動作にした構成も選べるのが特徴だ。  BTOで用意されるグラフィックスカードの構成はベーシックパッケージで、1枚構成ならRadeon HD 5870、GeForce GTX 285のシングルGPUカード、Radeon HD 5970、GeForce GXT 295のデュアルカードが用意されるだけでなく、マルチGPU構成の選択肢では、Radeon HD 5870、GeForce GTX 285の2枚組み以外に、Radeon HD 5970、GeForce GTX 295を2枚組みにした“クアッドGPU”構成も選択可能だ。さらに、プレミアムパッケージでは、1枚構成の選択肢がRadeon HD 5970とGeForce GTX 295のみと、マルチGPU構成に限られる。シングルGPU構成で十分というユーザーは、ベーシックパッケージからカスタマイズすることになるだろう。  なお、メモリの選択肢はベーシックパッケージもプレミアムパッケージも2Gバイト×3か4Gバイト×3から選ぶことになる。最大メモリ容量がAlienware Aurora ALXより少ない12Gバイトとなることに注意したい。
これぐらいなら私でも・・・!?このニュースは気になりましたね。
●これ以上は望めないハイエンド構成なら「Alienware Area-51 ALX」  Alienware Area-51の最上位パッケージともいえるのが「Ailrenware Area-51 ALX」だ。巨大なケースや天面が自動で跳ね上がってエアフローを調整できるギミック、イルミネーションLEDのコントロール、1100ワット電源ユニットの搭載などはAlienware Area-51と共通だが、BTOで用意されるシステム構成はさらにパワーアップしている。  CPUでは、Core i7-9xxとIntel X58 Expressで構成されるのは同じだが、Alienware Area-51 ALXでは、定格動作のCore i7-960とCore i7-975 EE以外に、Core i7-975 EEにオーバークロックを施して、3.73GHz、もしくは3.86GHz動作に設定した構成も選択できる。さらに、メモリの選択では、容量こそ2Gバイト×3と4Gバイト×3と最大12Gバイトにとどまるが、DDR3-1333メモリだけでなく、DDR3-1600のオーバークロック仕様が用意される。  なお、グラフィックスカードの選択は2枚組み構成でAlienware Area-51のプレミアムパッケージと共通だが、1枚構成で用意されるのがGeForce GTX 295だけと微妙に異なるので注意したい。 ●優先パーツ別のお勧めパッケージはこれだ  Alienwareデスクトップラインアップの多岐にわたるパッケージとそこで選べるCPU、グラフィックスカード、メモリの選択肢を紹介してきたが、最後に、ユーザーが重視するパーツごとに、カスタマイズのスタートに選ぶパッケージを挙げていこう。 <CPU性能重視派>  CPUのパフォーマンスを求めるなら、Core i7-975 EEに独自のオーバークロック設定を施したAlienware Area-51 ALXに尽きるだろう。なお、“Lynnfield”CPUを選択したいなら、Alienware Auroraの「ベーシックパッケージ」か「プレミアムパッケージ」に限られる。 <グラフィックスカード性能重視派>  マルチGPU構成のパフォーマンスを優先するなら、クアッドGPU構成を選べるAlienware Area-51のすべてのパッケージ、もしくはAlienware Area-51 ALXになる。1枚構成でパフォーマンスを重視するなら、デュアルGPU搭載グラフィックスカードを選ぶことになるが、こちらは、Alienware Auroraの「ベーシックパッケージ」と「プラチナパッケージ」以外のすべてと選択肢は広い。なお、シングルGPU構成を選ぶ場合は、Alienware Auroraの全パッケージとAlienware Aurora ALXの「ベーシックパッケージ」「タワー オブ アイオン認定 推奨モデル」、Alienware Area-51の「ベーシックパッケージ」に限られるうえ、Alienware Aururaの「ベーシックパッケージ」「プラチナパッケージ」のシングルGPU構成はRadeon HD 5870だけなので注意したい。 <メモリ容量重視派>  システムメモリの容量を重視するユーザーで、Alienware Auroraを選択する場合は、下位クラスになる「ベーシックパッケージ」「プラチナパッケージ」が上位パッケージより選べるメモリ容量が多くなることに注意したい。また、AlienwareのデスクトップPCラインアップで最も多いメモリを搭載できるのが、巨大なAlienware Area-51シリーズではなく、コンパクトなAlienware Aurora ALXであることにも注意が必要だ。  なお、最大容量という意味では最上位モデルのAlienware Area-51 ALXも12GバイトとAlienware Aurora ALXの24Gバイトに届かないが、こちらは、DDR3-1600の選択肢が用意されているので、オーバークロックを重視するユーザーに適しているだろう。  ユーザーそれぞれに適したパッケージをベースに、グリグリガリガリとカスタマイズして「地球外のパフォーマンス」をぜひ堪能していただきたい。 【関連記事】 ・ ゲームがしたい? それなら「Alienware」でしょう――ノートPC編 デル、ゲーミングPC「Alienware Aurora」にP55チップセット搭載モデルを追加 10 万円を切る“異次元”のモバイルゲーミングPC――「Alienware M11x」を試す デル、11型ワイド液晶ゲーミングノート「Alienware M11x」の販売を開始 デル、「Alienware M11x」国内販売を予告
引用はここまでです。 しかし、間違ってもいるような。この続きが気になるところです。 Alienware Optx(TM) AW2310 23インチワイド 120Hz 3D 対応FullHD 液晶モニタ + NVIDIA 3D Vision GV-701-3DVRJ<送料別> Alienware Optx(TM) AW2310 23インチワイド 120Hz 3D 対応FullHD 液晶モニタ + NVIDIA 3D Vision GV-701-3DVRJ<送料別> 驚きの3Dアクションゲームの臨場感を極限まで追求した Alienware 初の3Dモニタ。フルHD 1,920x1,080 の解像度による、鮮明でくっきりした画像。多くのPCゲームソフトに対応した、強烈な立体視 3D効果。120Hzのリフレッシュレートと3msの応答時間が、モーションの不鮮明さを解消。入力遅延が少ないため、リアルタイムの操作が可能。究極のゲーム体験23 インチのディスプレイに、フル HD 1,920 x 1,080 の解像度、アスペクト比 16:9、輝度 400 cd/m2 、ダイナミックコントラスト比 80,000:1 を誇る、新登場の Alienware OptX(TM) ・・・DELLの商品はコチラ ¥63658 Alienware 無駄にかっこいいPC
AD