スガシカオ『CLOVER』1997

テーマ:

1997年

ボニーピンクのヘヴンズキッチンとともに

スガシカオも、よく聴いた。

 

思い入れが強いアルバムまだまだあるなー。

 

子供のころからラジオから流れる音楽を聴き

好みの音楽を探すことが楽しかった人です。

 

80年代の終わりから90年代まではずーっと。

 

スガシカオのデビュー作に出会ったのもラジオ。

デビューしたての30歳手前だったかと。

サラリーマンを経てデビューしたとかで紹介されていたような?

最初に聴いたのはこのデビュー曲(^^♪

 

唐突に、「生きていくために~」から始まる

ユニークなメロディの出だしにオモシロイ♪と思った。

 

「ヒットチャートをかけぬけろ」

 

歌詞が独特で

赤裸々でオモシロくて

歌い方にも味があって。そしていい声。

 

スガシカオ『CLOVER』1997

 

ラストの「黄金の月」も名曲で大好きですが

 

「月とナイフ」には固まりましたね。

詩にやられますね(T_T)

ぜひ聴いてください(T_T)

 

https://youtu.be/JmtqopIJuAM

 

 

「月とナイフ」

 

ぼくの言葉が足りないのなら

ムネをナイフでさいて えぐり出してもいい

 

君の迷いと言い訳ぐらい

ほんとはぼくだって 気づいていたのさ

 

いつかまた あんなふうに誰かを憎むのかな

だとしたら もっともっと

だきしめて トゲのように心にささればいい

あなたに ずっとずっと残ればいい

 

いまさら何も言わないけれど

君の言葉は全部 ウソでいいんだろう

 

こんなことばかりくりかえしていたら

ぼくの涙はいつか 月にとどくだろう

 

ぼくはまた あんなふうに誰かを愛せるのかな

その時は きっときっと

かぐわしい 風のように時が流れればいい

いつまでも ずっとずっと 続けばいい

 

 

 

そのスガシカオさん。

 

今年フジロックに出るそうです。お初だって!!

 

もー、楽しみで仕方ない。

 

苗場のロケーションで聴いたら泣くなー(≧▽≦)泣くわー。