2005年09月22日(木)

ホワイトバンド収益金の行方やいかに...

テーマ:たまにはブル~


ホワイトバンドの収益、世界の貧困救済に役立ててくれますよね?
NGOが私腹肥やして終わりじゃないですよね?という話。

こんな記事を見つけました。ちょっと見てみてください。

寄付でなく、ホワイトバンド貧困救済効果は“まっ白” (夕刊フジ)
http://news.www.infoseek.co.jp/topics/world/ngo.html


貧困国に1円も寄付されないばかりか、収益金の具体的使途については
まだ決まっておらず、キャンペーン実行委とホワイトバンド・プロジェクトで
慎重に話し合い中とか。胡散臭いという噂も聞こえてきてはいましたが...。

普通、収益どうするか考えてプロジェクト立ち上げるんじゃないの?

慎重なのもいいですが、のんびりしてちゃダメだと、今すぐアクションをと
3秒に1人、子どもが貧困から死んでいる
あなたたちが呼びかけているのではありませんか?

頼みますよ本当に。多くの人の善意を無駄にしないでください。

「政策誘導するNGOの活動費」
万に一つないと思いますが、私腹を肥やして終わりなんてことになったら、
いい人生を送れないことだけは間違いないと断言します。

きちんと貧困救済の役に立つことを心から祈ります。
P.S.こんな記事もみつけました。
ホワイトバンドの問題点
http://whiteband.sakura.ne.jp/
P.S. アメブロでもこんな調査をしています。
【ホワイトバンド ブログアクション】期間限定 意識調査にご協力ください!
http://ameblo.jp/wbaction/entry-10004928367.html
 
P.S.<ホワイトバンド>趣旨説明不足で購入者から批判
(毎日新聞) - 10月24日11時23分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051024-00000025-mai-soci
P.S. 世界基金に2900万円=「ホワイトバンド」400万本-売り上げは9億円超
(時事通信) - 11月8日19時1分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051108-00000091-jij-soci
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

newbizさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「たまにはブル~」 の記事
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

14 ■>もちろんさん

高笑いしている方々、売り上げから25万ドル(約2900万円)を「世界エイズ・結核・マラリア対策基金」に拠出すると発表したそうですね。

9月末の売上金は約9億6600万円。製作費や流通経費を引いた約3億8300万円が「貧困を生み出す構造を変えるため、各国の政策を変えさせる活動」に充てられるんだそうです。

これで批判がかわせるのか、引き続き高笑いできるのか、どうでしょう。

コメントありがとうございました。

13 ■無題

もちろん気づくの遅いよと高笑いしてますよ。これ流通費が4割ですよね。そんなにかかるの?って思いませんか。
この流通はキャンペーンを仕切っているPR会社がやってるので、値段なんてあってないようなものなんです。市場価格の数十倍かかりました~ってやれば、その差額は、キレイサッパリPR会社のものとなるわけです。いわゆる募金のマネーロンダリングってやつですね。
社長自ら「流通費にはしっかりお金をかけている」とおっしゃっていますし。

12 ■>cheko0829さん、はじめまして

ほんとですね。
もう引っ込みつかなくなってる感じですね。
関係者、頭抱えて青い顔しているのか、
それとも気づくの遅いよと高笑いか、
どうしてるんでしょう。
コメント&TBありがとうございました。

11 ■はじめまして

これだけ大騒ぎになってるんですから、私腹を肥やすなんてことは。。ないと信じています・・・。

できるだけ、寄付、募金にまわしてほしいですね

10 ■>なつきさん

おはようございます。ご無沙汰してました。

私もショックでした。
でもまだ私腹を肥やすことに決まった訳ではありませんので、
きちんとした使い道に使われることをせめて祈りたいと思います。
すべてに表と裏があり、見方によっては180度違う視点もあるということを改めて学んだ気がします。
コメントありがとうございました。

9 ■お久しぶりです。

この記事読んでちょっとショックでした。
いろんなところでまじめにすすめている人知ってましたから。。
こういうことが続くと、寄付関係は正直、
どこまで調べてからすべきなのか、わからなくなります。
もともと大した金額じゃないことが多いし。。

調べるすべがない以上、どういう使われ方しても
文句の言いようがないですね。
自分の気持ちだけでも伝わればと、自己満足で終わってしまうのかなぁ。。。。

8 ■>groovykenさん

そうですね。NGOだなんていわずに
はっきりとProfit Organizationとして
活動すれば潔くていいと思います。
それを営利目的じゃないNGOだというところがまったく...

ところでタイの友人がユニセフの青いバンドをしてました。
本当にユニセフに寄付したりしている人だけが
もらえるのだというようなことを言ってました。

コメントありがとうございました。

7 ■無題

ホワイトバンドそれ自体は、ファッションアイテムとして考えれば、別に毒にも薬にもならないというか、「悪い」ことでは全然ないと思うのです。
どうせだったら事業としてガッツリ儲けを出して、法人所得税をその分たくさん払ってもらうほうが、皮肉ではなく、社会貢献になると思います。
ま、僕は絶対買いませんけどね。さすがにそれだけは自分の美意識が許しません。

6 ■>migraineさん

こんばんは。そうですね。
単に寄付すべしとは書いていないつもりですが
「政策誘導するNGOの活動費」としてどう使うかは、
きっちり説明責任を果たしてもらいたいものです。
そしてその活動は貧困救済に政策を誘導することに
つながらなければやはり問題ですね。
当然、単に私腹を肥やせばメディアに詐欺といわれても
仕方ないでしょう。
コメントありがとうございました。

5 ■どうして

ホワイトバンドの収益が貧困救済にあてられるという思い込みがここまで蔓延しているのか、不思議でした。
数々のアーティストや俳優が参加していて、メディアでもこぞって取り上げていましたから本当に流行りものみたいに広まったんでしょうね。

これで寄付などされなくても、そこを確認せずに購入した人たちに文句をいう権利はないかな、と思う気持ちはあります。
本当に日本人はメディアを信じすぎますね。今度は「ホワイトバンド詐欺」などと報道されていますから、それが蔓延してしまいそうで・・・常に情報を吟味する姿勢を持つべきだという教育は必要だと思います。

でもここまで騒がれたらきっと、実行委員らも悪いようにはしない(できない?)でしょうね。裏でどうなるかは別として。

4 ■>groovykenさん

おはようございます。

やはりそういうものですか...
買い手の理解や意識の浅さを如実に物語る、それが真実なのかもしれませんね。
そうした人々を騙してorそそのかしてこうしたビジネスを展開する、
あまりに浅ましいというか寒いというか、「あんた背中が煤けてるぜ」
と言いたくなりました。
ご指摘の通りナイーブな私はなめられのでしょうね。
実はホワイトバンドオーナーではないのですが、
オーナーである・ないにかかわらず悲しい気分です。

けんさん、一緒になにか別のやりかた考えませんか。
大事なのはやはりこういうのにひっかからない教育ですかね?
コメントありがとうございました。

3 ■>秘書ひしょさん

賛同している人の善意が無にならないことを祈ってますが
どうやら状況は芳しくなさそうですね。
着けるほうがファッションと割り切っていくしかないのかもしれませんね。
当然ファッションなら流行り廃りはあるわけで、1年も先になれば世界で大量のシリコンゴムが廃棄され....
なんだかなぁという感じです。
コメントありがとうございました。

2 ■こんなの

やり方からしてはじめっからそんなもんだというのは自明のことで、そこに貧困救済を期待するほうがナイーブに過ぎると思います。
もし貧困救済を一義的な目的として活動する団体であれば、このような「商品」を、このようなチャネルで、このようなプロモーションで、このようなプライシングで、「売る」ということはけっしてしないはずです。
僕はこれは単なる流行ものとして楽しむべきことだと考えます。これが本当に「貧困救済」との関連でヒットしたのであれば、それはむしろ、非営利活動をサポートするということについての「買い手」の理解や意識の浅さを如実に物語っているというのが僕の意見です。
「買い手」はなめられていますよ。ま、なめられるだけの理由があるということです。

1 ■このキャンペーンに

賛同している人々の善意に対しても、
しっかりと説明してほしいですね。

ホワイトバンド。あと一年したらどれだけの
ひとが手首に巻いているのでしょう。
一過性の流行に終わらせてほしくないなあと
思うのはわたしだけでしょうか。
チャリティとファッションを組み合わせるのは
キャッチーですが、廃れるのも早いと思うんですよね・・・。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。