マーラーについて | 町田で働くWEB制作会社の仲間達のブログ

町田で働くWEB制作会社の仲間達のブログ

毎日の出来事をみんなで綴る普通のブログ

こんにちは!
クラシック音楽の紹介、「のぶ」です♪

 

今回からはマーラーの交響曲を紹介します!

マーラーといえば、みなさんどんなイメージですかね?

 

僕は交響曲だと、1番「巨人」が好きですね。

むしろ他の交響曲あんまり知らなかったり...

 

けっこう長大で精神性が高い曲が多いイメージですが、

またいろいろ紹介していって、僕も勉強していきたいと思います!

 

 

けっこう鮮明なモノクロ写真ですね!

これはマーラーが死去する2年前、1909年の写真だそうです。

 

マーラーは交響曲新御三家の1人だそうで、

そう聞くと他の2人が気になりますが、ブルックナーとショスタコーヴィチのようです。

 

旧御三家がいるのかと調べましたがこれは出ず...

「ドイツ三大B」のバッハ、ベートーヴェン、ブラームスは有名ですね。

 

他にもいろんな三大〇〇があるようです。

クラシック界の 「三大 」 - 読売日本交響楽団

 

マーラーは作曲家である他にも、指揮者として活躍しました。

作曲家としては、交響曲と歌曲の大家として知られています。

 

交響曲は1~10番と「大地の歌」の全10曲、そして4つの歌曲集などを作曲しました。

 

前衛的な作曲家で、厳しい批判もありましたが、

「やがて私の時代が来る」と自分の信念を貫き通しました。

 

曲の特徴はというと、

・艶美で密度が濃い美しいメロディー

・曲の長さも編成の大きさも、また曲想(その曲に隠されたテーマ)も大きすぎるスケール

・民族的

・前衛的で批判性を感じる激しさ

こんな感じでしょうか。

 

それでは次回から、マーラーの交響曲を1曲ずつ紹介します♪

 

山梨のことなら      ≫≫≫≫ 【甲府ちゃんねるナビ】

山梨の仕事探しは    ≫≫≫≫ 【甲府ちゃんねる求人】

山梨に住みたい方は  ≫≫≫≫ 【山梨 I・U ターン】

山梨の人気のスタンプ ≫≫≫≫ 【フジMAXスタンプ】

山梨一心!!今こそ一人一人の情熱を! ≫≫≫≫ 【山梨一心!!】