メンデルスゾーン:交響曲第5番「宗教革命」 | 町田で働くWEB制作会社の仲間達のブログ

町田で働くWEB制作会社の仲間達のブログ

毎日の出来事をみんなで綴る普通のブログ


テーマ:

こんにちは!
毎週水曜日のクラシック音楽の紹介、「のぶ」です♪

 

私はオーボエを吹いているのですが、

先週末は楽器の調整(修理)に行ってきました!

 

今まで行っていたところが、少し合わないように感じてきて、

紹介で別の所に....

3倍ほどの値段を取られましたが(笑)、

とってもいいリペアマンで、楽器がよみがえったようでした♪

 

自分の技術ではどうしようもない楽器の不調で問題で悩んでいたと思うと、

もっと早く行っておけば良かったと思いますね(^-^;

 

さて、今週はメンデルスゾーンの交響曲第5番「宗教革命」を紹介します。

 

↓先週までの記事はこちら↓

メンデルスゾーンについて

メンデルスゾーン:交響曲第3番「スコットランド」

メンデルスゾーン:交響曲第4番「イタリア」

 

 

例によって、出版順での5番目の交響曲で、

作曲が開始されたのは2番目、メンデルスゾーンが21歳のときです。

 

早熟の天才は出来に満足できず、

完成後も、また初演後も何度も改訂を行いました。

しかし最後まで本人は納得できず、

「楽譜を破り捨てたいくらい、気に入らない」と述べたとされてることもあり、

出版はメンデルスゾーンの死後となりました。

 

そもそも「宗教改革」とは16世紀、

ドイツのルターらによるキリスト教の革新運動でプロテスタントが生まれたことで、

1830年6月25日に行われた、「宗教改革300年記念祭」に向けて作曲されました。

 

しかし、式典には採用されず、

その後も演奏機会には恵まれませんでした。

ようやく1832年にベルリンへ戻って改訂し、初めて演奏にこぎつけましたが、

メンデルスゾーンの存命中の演奏はこの1回のみ。

再演(2回目の演奏)が行われたのは1868年でした。

 

自分が生きている中で1回しか本番を聞いたことがない音楽を、

何度も何度も改訂しベストな作品にしていくのは、なんだか天才だな、と感じませんか(笑)

 

第1楽章:宗教革命の名にふさわしい、厳かな始まりです。

 その後のコラール(賛美歌的な音楽)は、

 「ドレスデンアーメン」という賛美歌で、

 17世紀ごろよりドレスデン一帯の礼拝堂でさかんに歌われていたそうです。

 厳かさ、華やかさ、力強さがめぐりめめぐる、ヘビーな音楽です。

 

第2楽章:この曲で唯一の明るさで統一された楽章です。

 軽快で踊るような演奏が華やかに進行していきます。

 軽やかさの踊りの部分と、非常に美しい聞かせる部分があり、

 どちらもメンデルスゾーンらしさ溢れる、心躍る音楽です。

 

第3楽章:わずか54小節の短い楽章は、

 これから来る4楽章への序奏部分のような、または間奏部分のようです。

 2楽章ではじけた気持ちを再びおさめるように、

 厳しく、美しく、華やかで、哀しいモチーフで、

 切れ目なく4楽章へ続きます。

 

第4楽章:哀しみの声に神が手を差し伸べたのかのような賛美歌がフルートによって歌われます。

 これはルターの作曲した賛美歌「神は我がやぐら」です。

 他の木管楽器も交わり美しく広がっていき、

 また金管楽器も加わることで響きは神々しさを増し、祈りに満ちたハーモニーを奏でていきます。

 リズミカルな第2主題はクラリネットがきっかけで、

 トランペットが応えるように続きます。

 フィナーレに向かって盛り上がっていきますが、

 メンデルスゾーンらしい、プログラミングされたように複雑で、

 ただそれを感じさせない聞きやすさが感じられるでしょう。

 終結部では、

 4楽章の最初のコラール主題をみんなで力強く奏で、

 最大限の賛美や勝利を表すかのような雄大な響きで全曲が閉じられます。

 

↓YouTubeより、「メンデルスゾーン:交響曲第5番『宗教革命』」
 演奏:hr交響楽団
 指揮:ジェレミー・ロレール

 

以上、メンデルスゾーンの交響曲第5番「宗教革命」の紹介でした。

 

みなさん、なんとなく雰囲気はつかんでいただけましたか?

ぜひ1度、曲を聞いてみてください!!

 

山梨のことなら      ≫≫≫≫ 【甲府ちゃんねるナビ】

山梨の仕事探しは    ≫≫≫≫ 【甲府ちゃんねる求人】

山梨に住みたい方は  ≫≫≫≫ 【山梨 I・U ターン】

山梨の人気のスタンプ ≫≫≫≫ 【フジMAXスタンプ】

山梨一心!!今こそ一人一人の情熱を! ≫≫≫≫ 【山梨一心!!】

町田と山梨で働くWEB制作会社の仲間達さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ