ハイドン:交響曲第101番「時計」 その1 | 町田で働くWEB制作会社の仲間達のブログ

町田で働くWEB制作会社の仲間達のブログ

毎日の出来事をみんなで綴る普通のブログ


テーマ:

こんにちは!
毎週水曜日のクラシック音楽の紹介、「のぶ」です♪

 

最近、大食いが止まりません...(笑)

 

深夜に食べるラーメンやお肉ってなんであんなに美味しいんでしょんか...

罪ですね(笑)

 

いっぱい食べてすぐに寝るという、身体に負担をかけまっくてる生活が続いているので、

改善していきたいです!!

 

今週と来週では、ハイドンの交響曲第101番「時計」を紹介します♪

 

 

ハイドンの曲は、以前に94番「驚愕」を紹介しました♪

ハイドン:交響曲第94番「驚愕」 その1

 

ハイドンは、

「これ本当にハイドンが作ったの?」というものや、

「この曲ってどれ?」ってものも含め、

たくさんの交響曲を作曲しています。

 

その内、93番~104番の12曲は「ロンドン交響曲」と言われ、

特に人気があります。

 

「時計」というと、みなさんはどんな時計を思い浮かべますか?

 

うるさい目覚まし時計、

ぽっぽーと鳴く鳩時計、

大きなのっぽの古時計、

キラキラ高級ブランドの腕時計...

 

この時計は振り子の時計のようです。

大きなのっぽの古時計がイメージではあいますが、

止まらずにずっとなり続けます。

 

この「時計」という副題は、ハイドン自身がつけたものではなく、

ハイドンの死後、愛称的に広まった物です。

 

その理由は、

"第2楽章の伴奏リズムが時計の振り子の規則正しさを思わせることから"

だそうです。

 

実際にどんな感じか、来週は楽章ごと紹介します♪

 

 ↓YouTubeより、「ハイドン:交響曲第101番 時計」
 演奏:水戸室内管弦楽団
 指揮:準・メルクル

 

山梨のことなら      ≫≫≫≫ 【甲府ちゃんねるナビ】

山梨の仕事探しは    ≫≫≫≫ 【甲府ちゃんねる求人】

山梨に住みたい方は  ≫≫≫≫ 【山梨 I・U ターン】

山梨の人気のスタンプ ≫≫≫≫ 【フジMAXスタンプ】

山梨一心!!今こそ一人一人の情熱を! ≫≫≫≫ 【山梨一心!!】

町田と山梨で働くWEB制作会社の仲間達さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス