ロドリーゴ:アランフェス その1 | 町田で働くWEB制作会社の仲間達のブログ

町田で働くWEB制作会社の仲間達のブログ

毎日の出来事をみんなで綴る普通のブログ


テーマ:

こんにちは!
毎週水曜日のクラシック音楽の紹介、「のぶ」です♪

 

みなさんお盆はいかがお過ごしでしょうか?

晴れたり曇ったり大雨が降ったり、

天気は忙しいですが私はまったりと過ごしています...

 

お休みは今日までですか?

それとも19日まで?

お盆のお休みって、お休みのところもあれば通常営業のところもあり、

日にちもバラバラでなんだか不思議です(笑)

 

さてさて、

今週と来週ではロドリーゴのアランフェスを紹介します♪

写真:https://www.flickr.com/photos/poran111/7460888472

 

ロドリーゴは、

1901年生まれで1999年に死去した、スペインの作曲家です。

そうなんです、つい最近の作曲家になります。

 

よくサングラスをかけているのですが、幼少期に失明しています。

そのハンデをものともせず、むしろ逆手にとって音楽への道を究めました。

 

スペインの音楽が彼の基礎にはなっていますが、

フランスの作曲家 ポール・デュカスに師事したり、

ドイツで生活をした経験からも、

先進的で国際的な作品もあります。

 

曲は、

管弦楽曲・協奏的作品・吹奏楽曲・ギター曲・ピアノ曲などがあります。

 

中でも、

今回紹介する「ギターと管弦楽のための《アランフエス協奏曲》」は有名で、

スペイン近代音楽に大きな影響を与え、

またギター協奏曲というジャンルを切り開いた先駆者でもあります。

 

「アランフェス」とはスペインの古都です。

スペイン内戦で被害を受けた町の平和を想い作曲したと言われています。

 

現代曲というと大規模な編成のものをイメージしますが、

シンプルな2管編成のオーケストラと独奏ギターによる曲で、

全3楽章、25分もないです。

 

来週は、各楽章ごと、

細かく解説していきます♪

 

↓YouTubeより、「ロドリーゴ:アランフェス」
 演奏:DR放送交響楽団

 指揮:ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴス

 ギター:ペペ・ロメロ

 

山梨のことなら      ≫≫≫≫ 【甲府ちゃんねるナビ】

山梨の仕事探しは    ≫≫≫≫ 【甲府ちゃんねる求人】

山梨に住みたい方は  ≫≫≫≫ 【山梨 I・U ターン】

山梨の人気のスタンプ ≫≫≫≫ 【フジMAXスタンプ】

山梨一心!!今こそ一人一人の情熱を! ≫≫≫≫ 【山梨一心!!】

町田と山梨で働くWEB制作会社の仲間達さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス