リムスキー=コルサコフ:シェヘラザード その1 | 町田で働くWEB制作会社の仲間達のブログ

町田で働くWEB制作会社の仲間達のブログ

毎日の出来事をみんなで綴る普通のブログ


テーマ:

こんにちは!
毎週水曜日のクラシック音楽の紹介、「のぶ」です♪

 

今日から8月!!

暑い夏は、お家でゆったりクラシック。

そんな過ごし方もいいですね☆

 

今週と来週では、リムスキー=コルサコフの「シェヘラザード」を紹介します♪

 

 

リムスキー=コルサコフは、19世紀後半に活躍したロシアの作曲家です。

前にも何度か出てきている「ロシア5人組」の1人です。

↓以前に紹介した他のロシア5人組はこちら

ボロディン:交響曲第2番

ムソルグスキー:交響詩「禿山の一夜」 その1

 

リムスキー:コルサコフは、他の作曲家の作品の補筆・改訂にも積極的で、

以前に紹介した、

ムソルグスキー:交響詩「禿山の一夜」 その2も、

リムスキー=コルサコフが携わりました。

 

他にも、教師としての名望があり、

グラズノフや、ストラヴィンスキー、プロコフィエフは彼のもとで学びました。

 

彼の音楽の特徴は、

フランスでも好まれた「華やかさ」や「色鮮やかさ」です。

調性に色を感じる「共感覚」の持ち主であったと言われています。

 

代表曲としては、

今回の「シェヘラザード」のほか、「スペイン奇想曲」、「熊蜂の飛行」などがあります。

 

「シェヘラザード」は、

「千夜一夜物語」の語り手である「シェヘラザード」という登場人物の物語がテーマになっています。

 

交響組曲で、演奏時間は45分ほどという大作。

編成的にとても大きいものではありませんが、難曲です。

 

ただ、聞く側としては、飽きずに物語が進んでいくような、

迫力もあり、泣ける所もありのおもしろい1曲です。

 

来週は、各楽章ごと、

細かく解説していきます♪

 

↓YouTubeより、「リムスキー=コルサコフ:シェヘラザード」
 演奏:サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団

 指揮:ユーリ・テミルカーノフ

 

山梨のことなら      ≫≫≫≫ 【甲府ちゃんねるナビ】

山梨の仕事探しは    ≫≫≫≫ 【甲府ちゃんねる求人】

山梨に住みたい方は  ≫≫≫≫ 【山梨 I・U ターン】

山梨の人気のスタンプ ≫≫≫≫ 【フジMAXスタンプ】

山梨一心!!今こそ一人一人の情熱を! ≫≫≫≫ 【山梨一心!!】

町田と山梨で働くWEB制作会社の仲間達さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス