コーチR 第11話 究極のリラックス法 | 久保田 智博 official blog
Wed, November 28, 2012

コーチR 第11話 究極のリラックス法

テーマ:コーチR TOEIC

「とにかく場所を選ばず、記憶力を何倍にもし、30分で2時間分の睡眠がとれるようになる」


私はそんなことは不可能だと思った。同時に、もし30分で2時間分の睡眠がとれたら、電車通学の間も深く眠れるし、昼休み後の勉強の効率は飛躍的に上がるとも感じた。


「自律訓練法は聞いたことがあるか」


「自律訓練法?」 私は聞いたことがなかった。


「どういうものなんでしょうか」


「非常に簡単だ。この技法は、ドイツの精神科医シュルツ博士が公にしたものだ。私たちの細胞60兆は自律神経によって調整されている。ストレスが長期化すると交感神経が上がり、副交感神経は下がる。つまり、逆に、副交感神経を意図的に上げれば、心身ともにリラックスした状態を作れるということだ


「分かりました。つまり身体をリラックスさせるということでしょうか」


「そうだ。その通りだ。半分眠った状態、α波状態、心身共に安定した状態を自分で作り出せれば、自然治癒力、記憶力は向上する。リラックスした状態ではイメージも描きやすくなる


「具体的にどうやってやるのですか」


「まず段階がある。心の中でこう唱えるんだ。最初の内は、できれば専門家が作ってくれたCDなどを利用して練習するといい


http://ameblo.jp/new-vision/entry-10749665133.html


【基本的なやり方】

1、気持ちが落ち着いていると、心の中で3回唱える。

2、両腕両脚が重たいと、心の中で3回~4回唱える。

3、だんだん重たく感じてきたら、今度は手足が温かいと3回~4回唱える。

4、再び、気持ちが落ち着いていると2回唱える。

5、心臓が規則正しく打っていると2回唱える。

6、楽に呼吸していると2回唱える。

7、お腹が温かいと2回唱える。

8、ひたいが涼しいと2回唱える。

9、気持ちが落ち着いていると2回唱える。

10、ここで肯定的な自己暗示を入れたり、イメージングをする。

11、最後に完全にリラックスした身体を起こすための消去動作をする。


「少し難しいような気がしますが・・・」


「最初はそう感じるかもしれない。違和感もあるかもしれない。しかし、これを習慣にすると、よりバランスのとれたものの見方ができるようになり、穏やかな気持ちや新鮮なエネルギーを感じることができる。勉強に対するモチベーションも上がるだろう」


「コーチはなぜ最初の精神状態にこだわるのですか」


「よく考えてみて欲しい。どういう気分で勉強するかがすべてのカギを握っている。焦りと不安が強すぎる状態で大量の暗記をすることは、脳みその仕組み上、不可能なのだ。あれもやらなきゃ、でもこれも・・・という心境のままでは、スコアアップは無理。勉強も無駄だ


「ストレスをためずに、楽しく勉強するということでしょうか」


「そう。【英語の世界=暗記と慣れの世界】に安定した精神状態で入ることが、高い目標を突破する上で非常に重要となる。留学後のビジョンや留学中の専攻を悩みすぎることなく、アバウトでいいから決めておいて、スタートしてしまうことが重要なんだ


「分かりました!」


「さて、これまで気構えや気分、暗記の方法にばかり触れてきた。これからいよいよ実際の勉強内容に入る。用意はいいか?



          【つづく】



注1)無断転載厳禁
注2)この話はフィクションであり、事実でもあります。


コーチRはmixiで公表し、100万人以上の方からご支持頂きました。 しかしながら字数制限ができた為、ブログとmixiオフィシャルコミュニティにて、全編を公開しますキラキラ


◇自律訓練法CD 限定発売!

http://ameblo.jp/new-vision/entry-10749665133.html


◇キャリアデザイン講座を完全再現 発売間近!【限定25セット】

Richardさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]