勝ったことは勝った | (新)なごやん

(新)なごやん

名古屋からJリーグ アルビレックス新潟に熱い思いを送ります。旺盛な好奇心そのままに、アルビネタに留まらず、鉄道、芸術、BCL(ラジオ放送受信)、昆虫、等々、思いつくまま書いていきます。
これまでの「なごやん」にログインできなくなったため、こちらで続けます。

第35節  アウェー  金沢戦


ツェーゲン金沢 1-2 アルビレックス新潟


 いつもいつも言うように、とにかく新潟は勝つしかない。


 しかし、前半は両チーム無得点で折り返す。

 同じ頃、神戸ではアルビレクス新潟レディースが今季最終戦でINAC神戸に敗れた。ムムム・・・


 後半10分、鄭大世の強烈なシュートがゴールネットの突き刺さり、新潟が先制した。


 ところが、後半22分、新潟は同点に追い着かれてしまう。強くないチームはこんなもんか。


 そのわずか2分後、飲水タイムの直後、本間至恩がドリブルから堀米悠斗につなぎ、堀米のシュートで新潟が勝ち越した。


 その後は一進一退の展開になったが、新潟はアウェーでしっかり勝利した。


 上位2チームが足踏みする中で、今日の勝ち点3は貴重だ。とはいえ、まだ勝ち点差が2桁ある。


 他チームの成績に依存することは事実だが、自らは勝ち進むしかない。


 アウェーまで応援に行かれた皆さん、お疲れさまでした。


相互リンク⇒アクティブなごやん


アルビブログです⇒


こちらもよろしく⇒