続・ラ・クカラーチャ | (新)なごやん

(新)なごやん

名古屋からJリーグ アルビレックス新潟に熱い思いを送ります。旺盛な好奇心そのままに、アルビネタに留まらず、鉄道、芸術、BCL(ラジオ放送受信)、昆虫、等々、思いつくまま書いていきます。
これまでの「なごやん」にログインできなくなったため、こちらで続けます。

 何の続編か?・・・これです。

 約9年の時を経て、またもやゴキブリ、ゴ・キ・ブ・リ の話です。


 一昨日(日)の夜、家の壁にじっとしている昆虫を見つけました。


 おっ、ゴキブリだ。生け捕りにして、標本を作ろう。

 ゴキブリの標本はこの1種、1頭しか持っていないし。


 捕虫網を取り出し、壁にピッタリつけ、よし!と思いきや、相手が1枚上手でした。捕虫網の縁に沿って、見事にすり抜け、最終的に押し入れの下へ逃げ込みました。

 私の押し入れの下段は書類で埋まっています。もう見つけることはできません。


 本当は写真に収めておくべきでした。

 撮るより捕るを優先させてしまい、結局アブハチトラズになりました。


 たまたま「ゴキブリのおうち」の在庫があったので、押し入れの中と近くのパソコンラックの後ろに置き、とりあえず待つことにしました。


 昨日(月)、帰路でゴキブリ誘引剤を買い、台所、洗面所、居間に置き、両面作戦です。

 昨日夜の時点でゴキブリのおうちにゴキブリはいませんでした。


 そして今日、帰宅後ゴキブリのおうちを覗くと・・・


 おお、いたいた。それにしても全く動かないやん。

 そうか、お亡くなりになったのか。


 じっと見ると、立派なヤマトゴキブリです。

←拡大写真をご覧になりたい方は画像をクリックしてください。


 ゴキブリのおうちだけで短時間に死亡に至ることはないと思います。

 考えられるのは、昨日セットした誘引剤を食べてしまい、脱水状態になったゴキブリは水場をめがけて歩き出したものの、すぐそばにおうちがあったので、思わず「帰宅」してしまったということでしょうか。


 本当の死因は何か?


 脱水? 餓死? 司法解剖をやったわけでないので、今となっては不明です。


 この状態を見て、標本づくりは諦めました。


 それにしても、最近のゴキブリは9年前同様、軟弱になったものです。


 そんなこんなで、YouTubeをどうぞ。


 注意:私立中学の入学試験で「ゴキブリを下面から見た絵を描き、脚を描き入れなさい。」という問題があったら(実際、名古屋市の有名私立中学女子部の入試に出題されたのですが)、その答えとして、このゴキブリの絵を描いたら不正解ですからね。(昆虫の脚はどこから出るでしょうか。)


相互リンク⇒アクティブなごやん

うちわでパシッ!はダメですよ⇒


ブログ村もよろしく⇒