なごやんのBCL史(番外㉛)興ざめな受信証 | (新)なごやん

(新)なごやん

名古屋からJリーグ アルビレックス新潟に熱い思いを送ります。旺盛な好奇心そのままに、アルビネタに留まらず、鉄道、芸術、BCL(ラジオ放送受信)、昆虫、等々、思いつくまま書いていきます。
これまでの「なごやん」にログインできなくなったため、こちらで続けます。

 コツコツと短波受信を続けている私は、時々レポートを送っています。


 ルーマニア国際放送(RRI)は最も好きな局のひとつで、在宅勤務中は日本時間朝7時からの日本向け英語放送をほぼ毎日聴いていましたし、通常の勤務でも日曜日の朝はRRIとともに始まります。


 私は受信報告だけでなく、意見や番組の感想などをよくメールし、放送ではよく紹介されます。


 とはいえ、受信報告を送った時には受信証が送られてくるのが楽しみであるkとも事実です。


 しかし、今年になってRRIからの郵便はぱったり止まってしまいました。


 そこで、5月にレポートを送る時、「2月、4月の受信証をまだ受け取っていませんが、恐らく航空機の欠航が相次いでいるためだと思います。気長に待ちます。」と書きました。


 すると、6月1日早朝(日本時間)、eメールが届き、メッセージは

---------------------------------

Dear Mr. X X,
Thank you for your reports.
Please find attached the eQSLs for February, April and May 2020.

Kind regards,
The English Section team

---------------------------------

(ママ)


 というあっけないものでした。


 そして、JPEGで2月、4月、5月の受信証(QSLカード,ベリカード)の表裏が1セットずつ添付されていました。これをプリントしておけって?

    <ルーマニア国際放送2月の受信証(QSLカード)>


 日時や周波数などは無記入です。

 これ、コピーして自分で埋めれってこと?


 と思っていたところ、今日の放送、「Listeners' Letterbox」でオーストラリアの聴取者が「eQSLは自動的に返信されているようで、好きではない。番組スタッフと聴取者のコミュニケーションのためには郵送の方がいい。」と言っていました。

 それに対して番組担当者の返事は「この意見を担当部門(board)に伝えておきます。」だけでした。

 いや、その、アナウンサーとしての感想はないの?と思いながら、まあ、どの国も非日常jの毎日だからと半ばあきらめです。


 でも、やはりこの局は面白いので聴き続けます。


 7月13日追記

 7月12日(日)の「Listeners' Letterbox」では、「今年は only eQSL」と言っていました。

 まあ、仕方ないですね。


これまでのBCL史はこちらをご覧ください。


地域別インデックスも用意しましたのでご利用ください。


相互リンク⇒アクティブなごやん


ラジオから離れられない⇒


こちらもクリックよろしく⇒