お金持ちの市 | (新)なごやん
新型コロナウイルスに関する情報について

(新)なごやん

名古屋からJリーグ アルビレックス新潟に熱い思いを送ります。旺盛な好奇心そのままに、アルビネタに留まらず、鉄道、芸術、BCL(ラジオ放送受信)、昆虫、等々、思いつくまま書いていきます。
これまでの「なごやん」にログインできなくなったため、こちらで続けます。

 昨日、いくつかの全国紙、ブロック紙の地域版に太っ腹の記事が載りました。

 市民が新型コロナウィルスの影響を受けたということで、市民1人あたり1万円の商品券を配布するというのです。

 その市は愛知県大府市です。

<中日新聞 2020年7月2日朝刊>

<朝日新聞 2020年7月2日朝刊>


 議会にかけるのはこれからですが、どこぞの国のえらーい人やあの県の某知事のように、行き当たりばったりでわめくのではなく、大府市長はしっかり考えて動く人ですから、うまくいくでしょう。


ということで、昨朝、出勤してすぐに交わした大府市在住の職員との会話です。


 「おはようございます。来年は1万円増税だね。(^ ^)」

 -あっ、今朝、うちでもそういう話をしていましたよ。


 「まあ、日本全体が増税だろうけど、大府市が他の市と比べどうなるかだね。」

 -うちは4人家族で4万円だから、1万円増税になってもちょっと得かな。


 「半分は飲食用なんだってね。」

 -はい。学生時代バイトをやっていた〇〇へ行こうかな。お客さんがドーンと減っちゃったようだから。


 「今回の商品券て、市内での消費支援だから、いいんじゃない。」


 もっとも、愛知県田原市が既に1万円の商品券配布を決めていますから、大府市はその二番煎じということです。(笑)


 それにしても大府市は凄いです。5月半ばには殆どの家庭に特別定額給付金が支給されてしまったし、4月28日以降来年4月1日までに生まれた子どもにも市独自で10万円が支給されるのですから。


 それでも、大府市はまだ36億円の余裕があるとか。お金持ちだワ。

 だから、地方交付税不交付団体ですよね。


 私の名古屋市は・・・なーんもかも遅れ遅れです。


 あ~あ。


 うらやましさと愚痴でした。


相互リンク⇒アクティブなごやん


大府はブドウの産地⇒


ここもクリックお願いします⇒