カラヴァッジョ in 名古屋 | (新)なごやん

(新)なごやん

名古屋からJリーグ アルビレックス新潟に熱い思いを送ります。旺盛な好奇心そのままに、アルビネタに留まらず、鉄道、芸術、BCL(ラジオ放送受信)、昆虫、等々、思いつくまま書いていきます。
これまでの「なごやん」にログインできなくなったため、こちらで続けます。

 珍しく、2回連続の美術館カテです。

 

 先日の名都美術館の数日後に年次休暇を取って名古屋市美術館へ行きました。

 「カラヴァッジョ展」です。来るよ、来たよ、今開催中という3種類のリーフレットが出回りました。


 展覧会場の入り口には、いつも通りフォトスポットがあります。


 メリージ・ダ・カラヴァッジョとその時代の作品が全部で42点で、そのうちカラヴァッジョの作品が8点、カラヴァッジョの作品と思われるものが2点ですから、ゆっくりと観ることができます。

 作品のキャプチャーがしっかりしていて、読み応えがあります。


 そして、名古屋会場での目玉はこれ、「ゴリアテの首を持つダヴィデ」です。本邦初公開で、名古屋会場でだけ観ることができるとのことです。

 ダヴィデもゴリアテもカラヴァッジョ自身がモデルと考えられているようです。


 せっかくですから、スタンプラリーにも挑戦しました。名都美術館で既にスタンプをもらっていましたので、ここでもうひとつスタンプを押し、受付前にある箱に入れてきました。

 締め切りは12月1日(日)ということで、これから抽選でしょう。

 「すてきな景品」・・・何でしょう? 当たればわかりますけど(笑)。


 この展覧会は12月15日まで開催されています。あと約2週間です。

 その後、12月26日から2020年2月16日まで大阪のあべのハルカス美術館で展示されます。


相互リンク⇒アクティブなごやん


美術館・博物館ブログです⇒


こちらもクリックよろしく⇒