なごやんのBCL史(番外⑳)副産物(間接的な拾い物) | (新)なごやん

(新)なごやん

名古屋からJリーグ アルビレックス新潟に熱い思いを送ります。旺盛な好奇心そのままに、アルビネタに留まらず、鉄道、芸術、BCL(ラジオ放送受信)、昆虫、等々、思いつくまま書いていきます。
これまでの「なごやん」にログインできなくなったため、こちらで続けます。

 外国の放送を聴いていると思わぬ「拾い物」をします。


 もうずーっとずーっと昔のことですが、NHKラジオ(第一だったか第二だったかは忘れました)の音楽番組にクイズがありました。割合簡単なクイズなので応募者も多く、私は関心を持っていなかったのですが、ある日、音楽を聴いて、どこの国の曲かを当てるものがありました。


 マンドリンのような音色の弦楽器を主体とした流れるような曲で、女性アナウンサーが「ラテン系の国でしょうか?」と言うと、男性アナウンサーが「いや、ラテンの国ではないんです。無関係ではないんですけどね。」と答えていました。


 私はすぐさまわかり、珍しく応募しました。解答は「フィリピン」です。その曲や類似の曲をたくさんフィリピンの極東放送(FEBC)で聴いたことがあったからです。


 FEBCは宗教放送局で、キリスト教の布教が最大のミッションですが、番組全体が宗教というわけではなく、ニュースや一般的な音楽番組もありました。


 フィリピンは近現代において、スペインや米国の支配下にありました。ですから、音楽もスペインや米国の影響を受けています。「ラテン系と無関係ではない」というのはそのことです。


 当時、童謡の「レロン・レロン・シンタ」を除いてフィリピンの音楽を知っている日本人はそう多くなかったようで、実際、後日の放送で「正解者は少なかった。」と言っていました。


 当選確率の高かったこのクイズに見事(笑)私は当選し、記念品が送られてきました。B6サイズの「お知らせ」付きです。


 それはビニールカバーされた箱に入ったアルバムでした。


 本体は布張り表紙で、NHKとしてはまあまあ立派なアルバムでした。


 中には私のプライベートフォトが並べられています。


 これも、間接的ですが、BCLの副産物と言えるでしょう。


なごやんのBSL史インデックスはこちらをご覧ください。


地域別インデックスもあります。


相互リンク⇒アクティブなごやん


フィリピンの音楽は?⇒


こちらもクリックよろしく⇒