【高齢出産】病室へ何を持っていった? | 愛媛県松山市 お肌の悩みに共に向き合う 美肌職人 河渕なぎさ

【高齢出産】病室へ何を持っていった?

愛媛県・松山市 伊予鉄久米駅から徒歩2分

お肌の悩みに共に向き合う

フェイシャルエステサロン

美肌職人 河渕なぎさ です。

 

44歳での高齢出産。

早め早めに備えていました。

 

たまごクラブなんかを読んでいると、

妊娠9ヶ月に入ってから

皆さん出産の為の入院準備を始めるようですが、

私は7ヶ月に入った時に

入院準備は整っていました。

 

そのお陰で?!

母や姉からは、入院に持っていく荷物が多すぎ!って

言われましたが、

個室で悠々自適な入院生活を送りました^^

 

病室に来る看護師さんたちが

「この部屋充実してるねぇ~」って

口々に言っていました(笑)

 

私が持っていったものは

image

image

とにかく細々としたものですが、

ジッパーパックに入れて

抜かりの無いように

入れていきました。

 

そして一番役にたったのは、

image

このクッションです。

 

こちらは、ヨギボーのクッション

授乳にも使えるU字型のものです。

 

帝王切開で傷の痛みと戦っている数日間

このクッションに体勢を整えるのに

助けられました><

 

そして、ドレッサーには

image

フェース化粧品。

入院中は流石に生コラーゲンは持って行けず

ラメラベールEX(ゼラチンコラーゲン)のものでしたが、

それでもお肌が違いました。

 

出産前に濃くなっていたシミも

産後にはもとに戻りました^^

 

そして、

image

高濃度水素メディティアももちろん持ち込みます!

 

このメディティアの底力を

改めて感じたのは

この入院でした。

 

この話は、また後ほど紹介しますね!

 

そうそう、私が出産する2日前くらいに、

イギリス王室でロイヤルベイビー誕生の話題がありましたね。

image

 

このパロディーを作りました!

image

 

いろんな備えをして

私達のもとにやってきてくれたBabyちゃん♡

 

image

今日はこんな感じです(可愛い)

 

そして、お母さんになった私は

まだ抱っこの仕方など

力の入れ方が掴みきれず

力が入りすぎてて

image

手首にサポーターを巻いて

抱っこしていますwww

 

毎日1つ1つ学ばせてもらっています。

 

赤ちゃんも生後20日

私も母親20日です。

 

ボチボチやっていかなきゃね~

 

次の記事では、

松山赤十字病院でどんなお食事が出たか?

掲載しますね~

 

個人病院とはかなり違うようですが

私には量が少なかったですが

産後の体の戻りが良かったので

結果的に良かったと思います^^

 

続く・・・

 

 

 

○●○●○●○●○●○●

 

ご予約は、専用アプリから・・・

サロン予約方法

 

サロンのLINEが出来ました!

ご予約・ご質問・お問い合わせ

お気軽にLINEからどうぞ

友だち追加

 

※施術のメニュー・価格表

※サロンの場所

※お問い合わせ先

その他の詳しい情報は、サロンホームページを

ご覧ください

https://www.nagisan.com/

あなたのご来店を心からお待ち申し上げております。