訪問支援からママたちの声 | NPO北海道ネウボラ理事長ブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

NPO北海道ネウボラ理事長ブログ

NPO北海道ネウボラ理事長からの活動情報を提供するブログです。
NPO北海道ネウボラのイベント情報はモイルームブログよりお願いいたします。
「ネウボラ」はフィンランド語で「アドバイスの場」を意味する子育て支援施設です。

NHKニュースウォッチ9で取り上げていただいた札幌市とのコロナ禍の親子訪問支援事業。

赤ちゃん歯ブラシプレゼントキャンペーン🎁

本日も市内2件のご訪問をさせていただきました。


赤ちゃんのお母さまたちからはこんな声を寄せていただいています。

ピンクハート大人とおしゃべりできてほっとした!

ピンクハート授乳やおむつ、離乳食など、知らなかったことをたくさん知れてよかった!

ピンクハートもっと早く教えて欲しかった、もっと早くそのことに気づきたかった。

ピンクハートNPO北海道ネウボラのことをもっと早く知りたかった!赤ちゃんひろば行きます!!

ピンクハートNPO北海道ネウボラのお手伝いをしたい!

などなど、たくさん嬉しいの声を寄せていただけています。

まだまだ始めたばかりの取り組みですので、至らぬところも多々あるかと思います。

モデル的事業としての実践活動にたくさんのエールをありがとうございます。

これまでになかったような、コロナ禍だからこそ、の、苦労も、初めてママになる人にとっては、その環境で当たり前なのだと苦労していることを苦労だという認識ができないのです。

自分だけがこうなのだろうか、こんなことを考えてしまう自分は頭がおかしいんじゃないだろうか?!

ちょーっと、待って!!

実は、それ、たくさん子育て相談きてますけど

みんなおんなじ悩みですからー‼️

↑少しでも自分ができていないと思うと自分を責めてしまう。

先日の、UHBさんの取材でお話させていただいたのはそこなんですよね。

初心者ママさんたちはみんな本当にとっても真面目に。

赤ちゃんのこといっぱいいっぱい愛しているから。

やってあげたいこともいっぱいいっぱいなんですよねおねがいキラキラ

こんなことしてあげたい、あんなことしてあげたい、あれもこれもしたい!!

赤ちゃんとの生活🤱とってもとっても真面目に取り組んでいるのが日本のママたちなんだと思います。

それが、実は、、、

私がおかしいんじゃないか、こんな私を一体どうしたらよいのか、、、

という、悩みのほとんどは、、、

物理的なキャパオーバーなのです‼️

そのあなたのやりたいと思い描いているタスク、
実は一人ではとてもこなせませんよ・・・

というのが、お答えになってしまうのです。

なぜそんなことになってしまうかというと。

社会の構造が切れ目だらけ、支援サービスが足りない、制度に一貫性がないことが原因です。

つまり、私たちはその切れ目からこぼれ落ちることで悩みを感じて自分を責めているわけなのですが、

フィンランドのネウボラと日本を比較してよくよく考えてみると

一概にして、切れ目だらけで一貫していない日本の制度に問題があるとわかります。

子ども自身はもちろん、本人の希望が叶うのがフィンランドの様々な子育て支援制度設計があってのネウボラなのですからフィンランドは子育てがハッピーなんですね!!!

日本では残念ながら、制度も支援もない。
民間のサービスすらない。

子どもの希望も叶わないし、ましてや私たちママの願いなんて10年経っても叶いそうにないために私たちは子育てからの挫折感、劣等感を抱いてしまっているだけなのです。

よかった!

私たちがおかしいんじゃなくて、日本のパパが育児しないこととか、子育て政策がまるっとおかしいんだ!!

と、いうことに気づけたみなさま。

おめでとうございます。

これに気づいたら悩みは少し解消されます。

解消されますが、ここもまた残念なことに、物理的なキャパオーバーの悩みは解消されません。

パパが早く帰ってきてお手伝いしてくれるようになるわけではありませんし、魔法の手が現れてお手伝いしてくれるようになるわけではありません。

物理的なキャパオーバーの整理も、ちょこっと、私たちと雑談しながら。

もやもやっと考えてみたりすることで、よい解決策が出てくるかもしれませんね。

本当に手が足りないなら、私たちと一緒に考えてみましょう。

そんな対話の第一歩として今この活動をさせていただいています。

どんな支援があったら助かりますか?
どんなサービスがあったらいいと思いますか?

そんなご意見も伺いながら、訪問させていただいています。

その声を集めて、コロナ禍に本当に必要な事業を組み立てていきたいと考えています。

訪問後のコロナ禍子育て&訪問事業ご意見のアンケート調査もお願いさせていただいています。

訪問支援を体験してみて、みんなで一緒によりよい北海道、札幌市の子育て楽しめるような声を寄せてくださいウインクキラキラ




↑2020.08 北海道新聞掲載

下矢印下矢印下矢印キャンペーンお申込みはこちらから



キラキラキラキラキラキラキラキラ

子どもがまんなか


それがフィンランドネウボラの家族支援です。


NPO北海道ネウボラ代表 五嶋絵里奈



手をつなぐ子育て、私たちの目指すスローガン。
共に手をつなぎ、今のこの時代を乗り越えましょう。
#NPO北海道ネウボラ
#ネウボラ
#フィンランド
#北海道 #札幌
#子育て
#子育てママ 
#コロナ禍 
#地方創生


🌸NPO北海道ネウボラの子育て相談室🌸
★毎月第4水曜日北海道立女性プラザ6階
ミーティングスペースで開催しています。
基本は、ハッピー・ファム合同会社内
ファミリー支援協会の認定するファミリー
支援員との、気軽な雑談形式の相談室です。
お子さん連れでもご来場いただけます。
 


※個別カウンセリング希望は事前にHPや
LINEなどSNSよりご相談ください。
※事前相談により、状況に応じて、専門職の
対応や専門家が対応できる場合があります。
 
LINEお友達追加はコメント欄より↓↓
 
~相談内容例~
・ただのおしゃべり・雑談
・妊娠期の悩み
・産前産後の体調
・産前産後の気持ち
・産前産後の心の不調
・赤ちゃんのお世話
・子育ての悩み
・子ども、ご自身、家族の健康
・仕事、職場の悩み
・保活、就職活動、職場復帰への悩み
・保育園、幼稚園での悩み
・子どもの発達の悩み
・小学校での悩み
・不登校、保育施設・幼稚園選びの悩み
・保育園、幼稚園、学校の先生との悩み
・DV、子ども虐待、夫婦生活の悩み
・家計、やりくり、お金の悩み
・その他
 
各種専門機関、医療機関、行政機関、大学など
の相談窓口や専門家と連携しています。

お友だち追加はこちらから❗️


または