こんにちは、
あなたのちゃんとした社会生活を
応援するカウンセラー高橋です。


今日は、
【辛い状況から抜け出すための学びの方法】
についてお話したいと思います。


よく、
カウンセリング業界や
自己啓発、スピリチュアル業界から耳にするのが


「学ぼう」
「学びの中に答えがある」
「全てが必要な学び」


などのように
とにかく『学び』という言葉です。


そして、
それが自己啓発からスピリチュアル寄りに
なればなるほど、


『ふわふわとしたはっきりしないもの』
となりがちです。


『学んでみたけど、
結局何にもならなかった』


『セミナーの直後は感動したけど、
しばらくたったら楽しいだけのものだった』


『お金をかけて取ったけど、
実際は役に立たない資格だった』


この記事をお読みになられているあなたにも
このようなご経験があるのではないのでしょうか?

(私は悲しいくらいあります(^^;)



実はこれらのような
“ふわふわした学び”には
1つ共通点があります。


それが、
『自分で考える力をつけさせない学び』
ということです。


多くのセミナーでは
講師が上手なトークで
人を惹きつけます。


感動することも多いでしょう、


しかし、


自分で試行錯誤することや
内容へ疑問をもつことを教えてくれる
ところはまずありません。


この点が、
学校、塾などの教育機関による
学びとの対極にある点と言えます。


あなたが求めてきたのは
楽しいトークや感動する話を
聞くことでしょうか?


トークショーであればそれでも
良いでしょう。


ですが、
お金をつぎ込んで学んだことが
「あー楽しかった」で終わっては
何の意味もありません。


必要なのは、
楽しいで終わらずに
自分なりに疑問を持ち、


学んだことを実行に移して


自分で考え、失敗と修正をする
ことです。


よく高いお金を払って何度も
同じようなセミナーを
受講する人がいますが、


「自分で物事を考える力をつけること」
が抜けたセミナーだからこそ起こり得る
悲劇です。


自分で考えることができないと
講師やセミナーに依存的になることに
なるので、


むしろ、
セミナー講師側にとっては
その方が都合が良いのです。


なので、
もし学びを考えられているのなら


いきなり、
高額のセミナーや講座に
全てを賭けるように飛びつくのではなく、


まず先に自分で試行錯誤をしたり、
研究できる経験をしてからをオススメします。


自分なりに学んだことを
考え、吸収できるようになると


冷静に、
学んだことを活かした自分なりの答えに
たどり着くことができるのです。


大学などの
公的な機関で開かれている講座を利用すると
ほとんど無料で参加できますが、


そこに関わりがないと
敷居が高いのも事実です。


なので、
とっかかりとして、


私が考案した
無料7ステップメール講座を
ご紹介して終わりたいと思います。


この無料メール講座では、


ストレスを減退させる方法から
始まり、自分を振り返り、


その後に現在の辛い状況から
抜け出すために具体的に何をしたらいいか
を手に入れることができます。


その際に、
付属の3つの無料特典を使うことで、


カンタンに取り組んでいただける
ワークがありますので、


これを通して、
自分を変えるための始まりの一歩を
自分で考えることが出来るようになります



もちろん、
無料なので高額セミナーのような
大きな金銭的な負担もありません



現在お悩みを抱え、
八方塞がりのように感じられている
あなたが、


そこから抜け出すための
きっかけにしていただきたいと思っています。


<登録はアイコンをクリック>




※登録は簡単に解除できますので、安心してご登録ください。

※登録後すぐに【『ちゃんとした社会生活への7ステップ』へのご登録ありがとうございます】という件名のメールをお届けいたします。
メールが届かない場合は迷惑メールフォルダに振り分けられている可能性がありますのでご確認ください。


無料7日間メール講座ページはこちら


今すぐ登録はこちらから




お疲れ様です、
ゲーム中毒脱出カウンセラー高橋です。


突然ですが、
皆さんは映画お好きですか?


先日の金曜ロードショーでやっていた


映画ちはやふる上の句、下の句を見て
久しぶりに映画を楽しんだ私です。


3/17日から公開中の最新作も
観てきたいと思っています。


実はテレビでやっていた映画の内容で
落ち込んでしまう人の1つの思考パターンが
描写されていたので、


今日はこの思考パターンについて
お話したいと思います。



映画の中で、
名人である自分の祖父に教えてもらって
競技かるたを始めた綿谷新(あらた)くんが、


その祖父が亡くなった時に、
自分が何のためにかるたをしているのか
わからなくなり、


もう続けることができない…


という心境に追い込まれてしまったのです。


これは、
映画の話だけではなく、
私たちが生きる日常でも起こることです。


何のために勉強するか、
何のために働くか、


もっと大きく言えば
何のために生きるか


この理由がぐらついた時、
人は思い悩みます。



揺るがない信念を手に入れたと思っても、
突然それを失ったり、


アイデンティティが揺さぶられるような
体験をすることだってあります。

(私自身も何度も揺さぶられています)


信念を持つことは
人生をポジティブにしてくれますが、
それを何かに打ち込む支え、
目標としている場合に


映画の綿谷くんのように
支えがあったゆえに


落ち込む気持ちや喪失感が
強くなってしまう可能性もあります。


映画のように高校生だったら
それも1つの必要な人生経験として
昇華する時間もあるかもしれませんが、


必ずしも、
悩んでいる
皆が若いわけではありません。


ではそんな時、
どうしたら良いのでしょう?


じっくり時間をかけて
喪失を受け入れることも必要ですが、


映画の中で、
かるたを続ける目的を失った綿谷くんが、


「かるたをやる理由は
1つじゃなくてもいいんじゃないかな?」


という言葉を投げかけられていました。


精神的支柱や目的が
1つしかないのであれば、


それが喪失した時に、
自分自身が崩れてしまうのは
容易に考えられます。


しかし、
自分を支えるものがいくつかあれば、
その内の1つがなくなっても、


他の支えのおかげでまだ踏ん張りが
効きます。


何かスポーツをしていて、
勝つことが楽しくてやっている人は
勝てなくなるとやめるかもしれません。


でも勝ち負けは別にして


上達することが嬉しい、
仲間と喜びを分かち合うことが嬉しい。


このように
いくつか目的があれば
その人はそのスポーツを続けられるかもしれません。


もしかしたら
また勝てる時がくるまで
頑張ることができるかもしれません。


毛利の三本の矢の例えの、
1本では弱くても、
3本あれば丈夫になるというのも、


あながち嘘ではないと思います。



私自身も、
生きる理由や働く理由を揺さぶられることは
何度もあったので、


今後も自分を支える仕組みを
研究していきたいと考えています。


ぜひ、
何のために生きるのかを迷ったり、
これまで持っていた理由を失った時は、


自分を見直して探し直してみたり、
新しく理由を作ってみてくださいね。


1つの理由に執着しないというのが
ポイントですよ!


・一人ではなかなか支えが見つけられない方
・支えやモチベーションを見つけて人生を前向きに生きてみたい方

カウンセリングのご予約
お問い合わせはこちら


上のようなお悩みを抱えて、
札幌で心理カウンセリングをお受けになりたい方は
こちらのカウンセリングルームへお越しください。


遠方にお住いの方には、
スカイプでのカウンセリングもお受けしております。

<3大無料特典付き!無料7日間メール講座始めました!登録はバナーをクリック!>


こんにちは、
うつ・不登校専門カウンセラー高橋です。


北海道もだいぶ気温の高い日が
多くなり嬉しいきもちの私です(*^▽^*)


今日は、
先日書店に寄った時に目についた
一冊の本についてお話したいと思います。


その本のタイトルは


『あずかりやさん』


です。


詳しく読んだわけではないので
詳しい内容は言えませんが、


1日100円でどんなものでも
預かってくれるお店のお話です。


このタイトルを見た時に


これは誰でも使える心理療法になる


と思いました。



『どうしても手放せない思い』

『どうしても忘れられない嫌な記憶』

『人への恨み、悲しい気持ち』

『憂うつな気分』

『ためらいや不安感』


このような気持ちを抱えて
このブログを読んでくださっている
あなたにお尋ねします。


もし100円で今抱えている悩みを
1日預かってもらえるなら、


その間の時間を
どう過ごしてみたいでしょうか?


一体何をしてみたいでしょうか?





清々しい気持ちで
外をお散歩してみますか?


これまで不安でできなかった
新しい物事にチャレンジしてみますか?


しばらく会っていなかった
友人との再会を楽しんでみますか?


きっと1日という
タイムリミットのこともあり、


真剣に取り組まれる方も
少なくないと思います。


この自分の中の
ネガティブなものを
預かってもらっている間に


自分のやってみたかったことを
出来たら、


悩みが返ってきた時でも、
すでに自分の中に変化が起こっています



決して同じ自分ではありません。


子どもの頃の悩みを今考えると
大したことではなかったと思えることって
ありませんか?


お悩みは一度置いておいて
先に自分を成長させることにより、
今のお悩みにも違った見解が持てるかもしれません。


また、
悩みという重荷を背負っていた人が
急にそれがなくなると何も考えられなくなる
かもしれません。


でもそれで良いのです。


イメージすることは何度だってできますし、


目覚めている間、
ずっと悩んでいる人が


何も考えられない状態になることは
悪い事ではありません。


仕事を辞める時に
有給を使ってしばらく休みを取る、


または辞めた後にしばらく
休息期間を持つ人が


その間に次の仕事を考えるのと一緒です。


むしろ必要なことであると言えます。


このように
イメージを使って悩みから
距離を取る方法は


実際にカウンセリングの中でも
使っている1つのテクニックです。


そのままですが、
イメージ療法と言います。


(イメージ療法に興味がある方は
壺を使ったイメージ療法などが有名ですので、
調べてみてくださいね。)


実際、
私もこの本を知ってから
悩みを書いて100円と一緒に
置いておくという方法を

考え事と距離を取るために使っています。


(家族がいる方は見られないように注意ですよ笑)


悩みすぎて仕事が手につかなかったり、
勉強に集中できないというあなたには
特にピッタリの方法であると思います。


書店に足を運ぶことで思いついた
イメージ療法ですが、

もし悩みの重さに苦しまれているあなたの
お役に立てたのであればとても嬉しく思います。



・心の重荷を下ろしたい方
・イメージ療法を使ったカウンセリングに関心がある方

カウンセリングのご予約
お問い合わせはこちら


札幌で心理カウンセリングをお受けになりたい方は
こちらのカウンセリングルームへお越しください。

遠方にお住いの方には、
スカイプでのカウンセリングもお受けしております。


【3大無料特典つき!】
ちゃんとした社会生活への一歩を踏み出せる
無料メール講座へのご参加は下アイコンから。



プロフィール

うつ・不登校専門カウンセラー高橋です


カウンセリングを受けて、望む成果が得られるかどうかは、カウンセラーとクライアントさんの
相性がとても大切になります。

なので
今回は、私のプロフィールを紹介して
参考にしていただきたいと思います。



<経歴>

【学力不振や無気力に悩まされる】


・小学3年生頃から学力不振に悩み始める。

・自律神経失調症を発症。約10年間通院し、めまいに悩まされながら学校生活を過ごす。

・学力不振、人間関係が基で「無気力、無関心、無感情」となる。

私は小学2年生ころまでは「見本のような生徒」と先生にも評価され、
自分のことを誇りに思って生きていました。
しかし、小学3年のいわゆる
「9歳の壁」により、学力不振に陥ってしまいました。

そこからは、
「見本のような生徒」であることを
自分のアイデンティティにしていた私は、
現実を認められず、ゲームに逃げるようになりました。


気づいたら、常にめまいを感じるようになり、
時には立っていられなくなるような
自律神経失調症にもなっていました。


めまいのため学校に行けない日もあり、
行っても勉強がわからずに
ただ、机に座って時間が過ぎるのを待つ、


そんな毎日でした。


そして、自己嫌悪や現実への子供なりにできる対処から
無気力で無感情な人間になっていったのです。


【ゲーム中毒で現実逃避に陥る】

・高校3年間を友人0人で過ごす。

・ネット・ゲーム中毒となり、現実から目を背けるようになる。


【試行錯誤の末、無気力を克服する】

・高校3年時、学習性無気力に関する書籍を発見した事がきっかけとなり、
 勉学に関する無気力を克服。この経験が心理カウンセラーを目指すきっかけとなる。
・無気力を解明したいと決意し大学では心理学を専攻する。


【うつ状態になる】

・就職活動でうつ状態になりソファーから動けない状態が続く。

・スクールカウンセリングに通う。

・人生を変えてくれた友人に出会う。

・知能検査の結果、学習・発達障害の可能性が高いと告げられる。 


【二度目のうつ発症】

・福祉施設へ就職

・男性利用者から暴力を受けうつ状態になる。 

・月2回心理カウンセリングへ通う 

・福祉施設を退職 


大学を卒業しうつ状態と闘いながら
半年遅れで福祉施設へ就職が決まりました。
未来への不安が解消されたことで一度状態は落ち着きました。


しかし、度重なる夜の勤務や、
利用者からの暴言・暴力により疲弊。


異動になるもその先で男性利用者から
強い暴力を受け、再びうつ・燃え尽き症候群になってしまいました。


その後、
月2回ほど、
心理カウンセリングを受けることになり、


その中で自分の本当にやりたいことを
思い出していきました。


【挫折を乗り越えた経験をもとにカウンセラーになる】

心理カウンセラーとして実際に活躍されている方から
カウンセラーとしての学びを受け始めました。

しかし、
試験に一度は不合格となり、
挫折を味わうことになりました。


自分には適性がないのではないか、
夢を叶えることはできないのではないかと
不安に頭を抱える日々が続きました。


再び、憂鬱な気持ちになったり、
無力感を感じることもありました。


そこで私は、
自分の立ち位置がわかり、


次にするべきことがわかる
カウンセリングスキルを
自分自身に用いることにしました。


その結果、
困難を乗り越え
合格を手にすることができました。



この経験が基になり、
無気力な人でも困難を乗り越えることができる
私の独自の無気力克服メソッドができたのです。


【独自の無気力克服メソッドが高い評価を得る】

自分自身が無気力やうつから脱出した経験、
困難を克服した経験を、


学んだカウンセリングスキルと合わせ
独自の無気力克服メソッドを作り上げました。


そして、そのメソッドが
こどもにもわかりやすく、


ゲーム中毒の方や
コミュニケーションを取るのが苦手な人でも
短期間で今の状態を変えられると


評価を得ることができました。

(むしろゲームや物語などが好きな想像力のある方のほうが
早く効果が見られます)


≪カウンセラーとしての想い≫

私は15年間、
無気力と自己嫌悪に満ちた
どこにも出口がない迷路の中に閉じ込められたような
感覚の中で生きてきました。


しかし、
1冊の本や自分を支えてくれる人々との出会いなど、
何かしら光明となる存在が私の前に現れ、
心理カウンセラーへ繋がる道を照らしてくれました。


私が現在、
心理カウンセラーとして自分の夢を叶える事が出来たのは

「光明が現れた時に素直にその手を取り、その方向へ向かって動き出す事」

が出来たからであると断言できます。


カウンセリングを受ける事に不安を持つことは
私自身もカウンセリングを受けていたのでよくわかります。


しかし現在悩みを抱えている皆様が
私と同じように何年も苦しむ必要はないのです


出来るだけ早く悩みから抜け出し、
ちゃんとした社会生活を過ごせるように
なっていただきたいと考えています。


その為の鍵となるのはあなたのちょっとした勇気です。
そして勇気を持って歩み出したあなたが、
輝く未来を実現させられるよう全力でサポートいたします。

今月で今年度も最後ですね、
この時期は学生時代を思い出して
少しセンチメンタルになってしまう私です笑



今日は、
何度かこのブログで登場している
無気力は学習されるという概念、


学習性無気力に対して、
無気力を克服していく方法を
ご紹介したいと思います。


それは


スモールステップ


と呼ばれる方法です。


学習性無気力は、
あがいてもどうすることもできない刺激を
受け続けることで形成されます。


ようはマイナスの体験の積み重ねです。


その反対に、
一度に達成することが難しい問題を
小さく区切って順に達成していくことで、
大きな課題でも達成できるようにするのが


このスモールステップです。


課題達成の面だけではなく、
心理面でも小さい成功体験を積み重ねて
自信を作り出していく方法と言えるでしょう。


「1度に全てできるようにしてくれよ」
考えられる方もいらっしゃるかもしれませんが、


水泳に例えると


いきなり25メートルを泳げない人が
200メートルを泳ぐのは難しいですよね?


少しずつ練習を重ねて、
良い点や修正点を確認しながら、
泳げる距離や速さを伸ばしていくものだと思います。


初心者がいきなり大きな結果を求めても、


うまくいくどころか、
途中で力尽きて溺れたり、
足をつってしまうかもしれません。


精神的にも、
ゴールに近づいている気がしなくて、
物事が続かない原因になりがちです。


徐々に成功体験と、
調整を重ねていく必要があるのです。



実は、
失敗体験を重ねて無気力を抱えている
過去の私のような人は、


いきなりの大きな成功を
求めてしまいがちです。


それが今の自分を閉じ込める檻から
解き放ってくれると思うからです。


その気持ちにつけこまれて
ギャンブルや、
ニューエイジにどっぷりつかって、


お金も時間も無駄にしてしまう
危険性もあるのです。


そのような罠にハマらないために、
この記事を読んでいるあなたには


少しずつ達成を繰り返して
自分で努力して判断する自信を身に着けて
いって欲しいと願っています。


やらなければいけないこと、
やりたいことを決めたら、


最初は本当にできそうなことからで
構いません、


小さいいくつかのステップに分けて
どうしたら達成できるか考えてみましょう。



この時に目標を達成することより、


達成感を感じること、
成功体験をすることをメインでやる


くらいの方が
気持ちの負担が少なく取り組めます



八方塞がりや強い無気力で
何からしたらいいかわからないという
あなたには、


このスモールステップの要素を取り入れて
自信がないと不安を感じられる方でも、
達成感を感じられるように作成した、


7日間無料メール講座
試しに小さな達成感を得る練習を
してみてください。


無料特典もありますし、
楽しんで達成感を感じられるように
メール講座を構築していますので、
安心して登録してみてくださいね。



最後のステップが終わる頃には
「振り返ると結構なことをしたな」
と達成感を感じられますよ(^∇^)


カウンセリングのご予約
お問い合わせはこちら

・やる気を持てない自分から抜け出したい
・無気力から抜けだして自分らしく生きたい

このようなお悩みを抱えて、
札幌で心理カウンセリングをお受けになりたい方は
こちらのカウンセリングルームへお越しください。

遠方にお住いの方には、
スカイプでのカウンセリングもお受けしております。